神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年3月7日 エリアトップへ

福島第一原発事故を題材に、絵本の原画展を開催している 牟田 茂男さん 善部町在住 73歳

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

作家として、語り部として

 ○…ギターを抱え、毎週通う行きつけのカフェでの思わぬ「個展」開催に、「背中を押してもらった」と満面の笑みで感謝を述べた。原発事故で切り捨てられていく自然に対する思いを、無我夢中で作品に仕上げてから13年。思いがけず陽の目を見た作品に「何か意味があるのかも」と新たに芽生えた語り部としての使命感が垣間見えた。

 ○…東京都の生まれ。中学時代に相模大野へ転居。希望ケ丘高校へ進学。旭区との接点が生まれた。高校では美術部に所属。哲学書なども読む読書家。文学や物書きの将来も考えたが、「浪人はダメ」「食いっぱぐれがない」という両親の勧めもあり、大学は機械科へ進学。卒業後、工作機械の会社に5年勤めたが、夢を諦めきれず、「妻も子どももいましたが」1年間日本シナリオ作家協会が主催するシナリオ講座に通い、脚本を中心に勉強した。アルバイトをしながら、脚本家の石川孝人氏に弟子入りもしたが、夢半ばで諦め、再び自動車関連の会社へ再就職。定年まで勤め上げた。講座の同期には今でも活躍する作家がいるという。

 ○…高校時代には美術部にも所属。脚本家を目指していたこともあり、当時の夢を形にしたのが絵本だった。「ビーボとスケル」は、思いに突き動かされて描いたが、初孫のためにも描いている。個展の開催で、若かりし頃の火がついたのか、現在は新作を構想中。テーマは変わらず自然と人間の共生で、次の主役は「ウナギのきょうだい」なのだとか。

 ○…読書の虫は今でも。図書館では家族の協力を得て1週間で20冊借りる。「精読ではないけれど」とはにかむが、1年間で365冊以上借りたことが2年あったという。哲学書や仏教関係、など幅広い。

旭区・瀬谷区版の人物風土記最新6

関口 涼花さん

旭区のサンハートで、ベビーマッサージ&親子遊び教室の講師を務める

関口 涼花さん

旭区今川町在住 31歳

5月23日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月16日

山田 佳奈さん

「横浜スカーフ親善大使」の12代目メンバーに選ばれた

山田 佳奈さん

旭区在住 20歳

5月9日

吉田 明弘さん

瀬谷警察署の署長に就任した

吉田 明弘さん

瀬谷区二ツ橋町在勤 53歳

5月2日

寺澤 慶さん

左近山団地の学生団体「サコラボ」の代表を4月から務める

寺澤 慶さん

旭区左近山在住 22歳

4月18日

村田 浩一さん

25周年を迎えるよこはま動物園ズーラシアの園長を務める

村田 浩一さん

旭区上白根町在勤 71歳

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

「ヨコハマサイクルスタイル2024」 6月15、16日

6月15日~6月16日

旭区・瀬谷区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook