中区・西区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

産前産後の家庭をサポート KSPが新会社を設立

経済

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
新会社を立ち上げたKSP田邉社長(右)と渡辺社長
新会社を立ち上げたKSP田邉社長(右)と渡辺社長

 県内大手の警備会社「KSP」(田邉中代表取締役)=横浜市中区=がこのほど、産前産後の家庭訪問型家事サポートを行う新会社「ままのわ産後パートナーズ」を設立し、今月からサービスを開始した。

 拠点を置く神奈川県内で、女性の就労や子育てと仕事の両立のしやすい地域づくりの実現をめざすもので、運営は埼玉県と東京都で同サービスを展開する「アイナロハ」(渡辺大地代表取締役)と提携し、同社が行う。

 同社の産後サポートサービスは、妊娠期から産後6カ月までの家庭にスタッフを派遣し、家事や新生児・兄弟の世話をしながら、産後の回復を見守り、育児のスタートを支援するもの。KSPが南区吉野町で運営する託児所を拠点とし、スタッフは託児を無料で利用できる。

 田邉代表は「地域貢献の一環として、女性の就業環境を少しでも整えることで社会復帰を考える女性を応援できたら」と設立の理由を語る。新会社の代表も務める渡辺氏は「出産直後から6カ月までは一番大変な時期なのに行政の産後サポートなどが入りづらい。その隙間を手助けしながら、子どもを預けながら働くというハードルを解消するロールモデルをKSPと一緒につくれたら」と話す。

 利用料金は1時間2千円からで、県内全域で対応する。問い合わせは同社【電話】04・2907・4406。

中区・西区版のローカルニュース最新6

認知症の研修内容を動画に

認知症の研修内容を動画に 社会

コロナ対策踏まえ

1月21日号

「ハマ弁」に百人一首献立

「ハマ弁」に百人一首献立 教育

フェリス大生が考案

1月21日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

電話で対応、1月22日・28日

1月21日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

男性不妊 動画で学ぶ

男性不妊 動画で学ぶ 社会

市、サイトで配信

1月21日号

交通の裏側 コラムで紹介

交通の裏側 コラムで紹介 社会

交通局が特設サイト開設

1月21日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク