中区・西区版 掲載号:2016年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

市民演劇『おさん伝説』 日枝神社で成功祈願 1月公演へ稽古本番

文化

成功祈願する団員ら=3日
成功祈願する団員ら=3日
 来年350周年を迎える吉田新田。それを記念した横浜市民ミュージカル『おさん伝説』が来年1月29日に関内ホールで上演される。12月3日には出演者ら約70人が、同新田の総鎮守であるお三の宮日枝神社=南区=を参拝、公演成功に向け、心を一つにしていた。

 吉田新田は、入海だった現在の横浜の中心地を石材木商の吉田勘兵衛が干拓し1667年に完成。来年で350周年を迎える。その新田開発は難工事だったことから、ミュージカルの題材にもなった「おさんの人柱伝説」が広く語り継がれてきた。

 来年1月の舞台『おさん伝説〜遥かなる時をこえて〜』は、今年1月に引き続く再演で、現代に生活するおさんの生まれ変わりの「さなえ」を主人公に、過去と現在をつなぎ、時代を超えて人柱のしょく罪を果たす「ちょっぴり切ない愛と許しの物語」となっている。ストーリーは基本的に同じだが、原案を手がけた赤い靴文化事業団の松永春団長は「クオリティーをさらに高めていく」と意気込む。

団員ら70人が参加

 9月からスタートした稽古は、12月からほぼ毎週土・日曜日に集まるなど、本腰が入る。本公演に向けさらに気持ちを高めていこうと、吉田新田の総鎮守である日枝神社参拝を決定。参拝当日は、出演する5歳から80歳までの市民団員ら約70人が参加した。

 午前10時に日枝神社の拝殿に集まり公演成功を祈願。5人が劇団を代表して玉串を奉納した。同舞台の再演を望んでいた角井瑞宮司は「横浜はよいところだと思ってもらえるミュージカルになることを期待しています」と話していた。

 前回同様に脚本・振付・演出を手掛ける福島桂子さんは「脚本がまとまりストーリーがつながった。このタイミングで参拝できてよかった」と語った。主人公の「さなえ」を演じるおかのたかよさん=中区元町=は「2年続けての同じ舞台は初めて。しっかりと準備していきたい」と意識を高めていた。おさん役の一人、吉岡朋子さん=町田市=は「みんなでつくり上げていきたい」と気持ちを引きしめていた。

 公演は午前11時と午後4時の2回。関内ホール大ホールで一般2200円、高校生以下1200円。全席自由。問合せは同ミュージカル事務局【電話】045・641・3066。

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

藤棚舞台の映画が誕生

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

「生たまご生プリン」に栄誉

山手のエリゼ光

「生たまご生プリン」に栄誉

1月11日号

回遊性向上に注力

中区長インタビュー

回遊性向上に注力

1月4日号

活気あふれる街めざす

西区長インタビュー

活気あふれる街めざす

1月4日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク