中区・西区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

動物愛護団体 地域猫活動に理解求める 本牧大鳥自治会で説明

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
地域猫について話す矢吹さん
地域猫について話す矢吹さん

 繁殖や糞尿など飼い主のいない猫の問題に地域で取り組む「地域猫活動」に理解を深めてもらおうと12月13日、本牧大鳥自治会館で専門家や区役所職員による説明会が行われ、地域住民ら23人が参加した。

 地域猫活動は、不妊去勢手術による繁殖制限、給餌、糞尿処理などを地域で担い、飼い主のいない猫を適正に管理し増やさないことを目的とする。講師を務めたNPO法人「KAVA神奈川動物ボランティア連絡会」代表の矢吹紀子さん=中区本牧荒井=は、「引っ越しとともに飼い猫を残してしまう方がいる」と指摘し、これまでも行政と協力し不妊去勢手術を行ってきたと話した。そのうえで、飼い主のいない猫の管理は「地域の方々の理解、協力があってこそ。この活動を地域で見守ってほしい」と訴えていた。

 参加した中福祉保健センターの職員は「行政の補助金などを活用した不妊去勢手術の取組と、飼い猫の遺棄防止を進めていきたい」を説明していた。市は猫の不妊去勢手術費用の一部(1頭につき上限5千円)を補助している。

 参加者からは「飼い猫との見分けがつかない」など質問が寄せられ、矢吹さんは「それが大きな問題。確認しながら進めるしかない」と課題も語っていた。

 同自治会の松浦徳治会長は「地域猫活動を初めて知りました。協力していきたいと思う」と話していた。

中区・西区版のローカルニュース最新6

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

県と市に100万円寄付

横浜RC

県と市に100万円寄付 社会

新型コロナ対策として

5月21日号

遠隔診療初診にも

新型コロナ対策

遠隔診療初診にも 社会

5月21日号

建て替えで5月末閉館

ホテルモントレ横浜

建て替えで5月末閉館 社会

コロナ禍、営業は実質終了

5月21日号

次亜塩素酸水を配布

【Web限定記事】ラステル久保山

次亜塩素酸水を配布 社会

近隣住民向けに

5月21日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:15更新

  • あっとほーむデスク

    5月23日17:06更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク