中区・西区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

大鳥小防災拠点 ペット同行で避難訓練 市内初、モデルケースに

社会

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena
愛犬をケージに入れる訓練も
愛犬をケージに入れる訓練も

 災害時を想定した「ペット同行避難訓練」が1月28日、地域防災拠点の大鳥小学校=中区本牧町1丁目=で行われ、地域住民13人と犬7頭が参加した。同小学校を防災拠点とする13町内会(5233世帯)を対象に昨年9月、住民主導で災害時ペット対策の検討会が組織。今回はその活動の一環で、中区によると、防災拠点レベルで同様の訓練は市内初の試みだという。

 大鳥小校庭を会場に、参加者は障害物を置いて悪路を想定した場所を犬とともに歩いたり、ケージ(犬小屋)に入れる訓練などに取り組んだ。

 災害時のペット同行避難が検討されるようになったのは1995年の阪神淡路大震災がきっかけ。ペットを連れて避難した住民と他の住民との間でトラブルが発生したことを受け、全国的に災害時のペット対策に注目が集まった。その後、04年の新潟県中越地震や11年の東日本大震災を経て、実効性のあるペット対策が求められるようになった。

 横浜市でも条例改正などにより災害時のペット同行避難を呼びかけてはいるが、防災拠点での取り組みは進んでいないのが現状だ。

 このような状況において、昨年8月に大鳥小防災拠点関係者を対象としたペット同行避難の講習会が開かれ、飼い主や町内会長ら27人が参加。その対策の重要性から翌月に住民主導により検討会(22人)が立ち上がった。中福祉保健センターの支援を得ながらこれまでに検討会を4回開催し、避難訓練が5回目にあたる。

 今回、講師を務めたドッグトレーナーの大久保芳樹さん(49)は「避難所では飼い主が面倒を見ることができないケースが多い」と話し、普段から他者に慣れさせる重要性を指摘した。

 愛犬のシベリアン・ハスキーと参加した荻原満恵子さん(58)は「普段とは違うこのような経験は大切」と評価する。

 中福祉保健センターの職員は「動物が苦手な人もいる。避難所でだれもが生活できるルールが必要」と話し「この訓練がルール作りへの一歩になれば」と期待していた。

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

3月8日~15日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

地元産タチウオを給食に

間門小

地元産タチウオを給食に 教育

本牧の漁師が協力

2月25日号

リボン運動で人権啓発

本牧南小

リボン運動で人権啓発 教育

家庭・地域と結び深める

2月25日号

ソニーの教育論文で全国優秀賞

【Web限定記事】立野小学校

ソニーの教育論文で全国優秀賞 教育

主体性ある学びが評価

2月18日号

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ

【Web限定記事】中区大和町放課後デイの学生チーム

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ 社会

文字使わずイラストのみで啓発に挑戦

2月18日号

同世代の貧困を支援

立野の横国大附属小

同世代の貧困を支援 教育

手作り石けんの売上寄付

2月11日号

人を本に見立て相互理解

山手でウェブ交流会

人を本に見立て相互理解 社会

プロ手品師、思い語る

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

  • 2月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク