中区・西区版 掲載号:2017年6月22日号
  • LINE
  • はてぶ

タイの自治体訪問団 地域高齢者見守りを研修 羽沢西部自治会に35人

社会

訪問団に自治会を説明する米岡会長(中央)
訪問団に自治会を説明する米岡会長(中央)
 タイの自治体の市長や幹部職員35人が6月15日、西区の羽沢西部自治会(約500世帯)を訪れ、地域における高齢者ケアについて情報交換を行った。

 このプログラムは、タイで福祉人材育成の中心的役割を担っているタマサート大学が主催するもの。

 12の自治体関係者が6月12日から17日までの6日間、日本の高齢者福祉制度の学習や福祉施設の訪問を通して、20年後に迎える高齢化の対策に役立てようと企画された。

 日本側のコーディネート役を務めたのは、昨年設立の市民団体・野毛坂グローカル。代表の奥井利幸さんは、国際協力機構(JICA)の専門家としてタイで長年活動した経験を持つ。

「生きがいが大切」

 当日は、西区西戸部町の第4地区会館を会場に、羽沢西部自治会の米岡美智枝会長(72)が、防災訓練や独居の高齢者見守り、老人クラブの活動など自治会の取り組みについてスライドを使って説明。それを受けて市長や自治体の幹部職員からなるタイの訪問団からは、高齢者の生活費や自治会未加入の高齢者対応などについて質問がおよんだ。

 また、自治会が高齢者支援に積極的に取り組んでいることについて、訪問団からは「タイでは高齢者の面倒は家族で見るのが一般的。日本は違うのか」という質問もあった。それに対して、日本も昔は同じで、核家族化が進み現在のような状況になったと解説する場面もあった。

 参加した首都バンコクに近いイートー市のランサン・ナンタガウォン市長は、「高齢者を地域で見守るという考え方は参考になった」と話していた。訪問団リーダーでタマサート大学のナタパット・サロボン助教授は「地域社会で行政と連携した高齢者支援が進んでいる」と感想を語り、「資金支援だけではなく生きがいが持てるコミュニティーの環境が大切」と語った。

 米岡会長は「お国は違っても悩みは同じだと思った。参考になれば」と話した。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

神社の小麦で「サブレ」

パン、菓子の「本牧館」

神社の小麦で「サブレ」

10月18日号

創業60年目に本館新装

タウンBiz経済ニュース

創業60年目に本館新装

10月18日号

食べきれない料理持ち帰りを

食品ロス削減推進

食べきれない料理持ち帰りを

10月18日号

幻のオオハラホール知っていますか?

横浜港の四季折々を楽しむ

横浜港振興協会

横浜港の四季折々を楽しむ

10月18日号

「プリキュア」みなとみらいに

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク