中区・西区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

日赤県支部 北海道へ救護班を派遣 医師や看護師、薬剤師ら

社会

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena
出発式に臨む救護班メンバー(右)
出発式に臨む救護班メンバー(右)

 日本赤十字社神奈川県支部はこのほど、北海道胆振東部地震の被災地へ救護班を派遣した。9月10日には市立みなと赤十字病院で出発式が行われ、野田政樹院長が救護班11人を激励した。

 救護班は、同病院の救急部長、中山祐介医師(44)を班長に医師2人、看護師3人、薬剤師1人、事務管理職員2人、調整員1人、赤十字奉仕団ボランティア1人の計11人。

 救護班は震度7を記録し特に被害状況の大きい厚真町に入り、避難所などを巡回し診療を行う。被災地は外科的な救護よりも慢性疾患などの内科に関わるニーズが高いと予測されるため、薬剤師もメンバーとして参加している。

 出発式で野田院長は「高齢者をはじめ乳幼児など避難所生活がつらくなる時期。皆さまの支えになるよう活動してきてほしい」とエールを贈った。中山班長は「現場のニーズを把握してフィードバックし、必要な支援につなげたい」と応えた。

 中山班長は東日本大震災や熊本地震、鬼怒川水害の被災地で救護活動を行うなど豊富な経験を持つ。「身体だけでなく心のケアにもつなげたい」と話していた。

 日本赤十字社は発災後、災害対策本部からの要請を受け、北海道を含む被災地支部の救護班や医療チームなどが被災地活動している。今回の派遣は日赤神奈川支部としては第1班となる。

中区・西区版のローカルニュース最新6

YSCC、今季最大の正念場

YSCC、今季最大の正念場 スポーツ

後半戦最下位スタート、監督出場停止も

8月15日号

各機関の連携、実地で確認

テロ対策合同訓練

各機関の連携、実地で確認 社会

象の鼻パーク 警察・消防・企業など、300人

8月15日号

伝説のナポリタンを再現

吉田町

伝説のナポリタンを再現 社会

ビアガーデンで1日限定販売

8月15日号

描いた未来、実現可能性も

描いた未来、実現可能性も 教育

「環境絵日記こどもサミット」

8月15日号

記事で平成を振り返る

市史資料室

記事で平成を振り返る 社会

横浜博グッズも展示

8月15日号

ハマスタでドッジしよう

ハマスタでドッジしよう スポーツ

参加小学生チームを募集

8月15日号

市内2会場で競技中継

東京2020

市内2会場で競技中継 スポーツ

街全体のにぎわいに

8月15日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でラッピング

夏休み企画

親子でラッピング

8月24日、石川町のカフェで

8月24日~8月24日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク