中区・西区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

本牧拠点のチアチーム 初の世界大会へ 小4〜高2の17人で挑戦

スポーツ

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
米国の大会に挑むドルフィンスターズの選手たち
米国の大会に挑むドルフィンスターズの選手たち

 中区本牧で活動する小学生〜高校生のチアリーディングチーム「ドルフィンスターズ」が、5月2日から米国フロリダ州で開かれる世界大会「The SUMMIT」に初めて出場する。

 ドルフィンスターズは昨年9月に行われた大会で部門優勝を果たし、世界大会への出場権を獲得した。世界大会には米国を含む各国の大会で上位入賞したチームが出場する。

創設3年で目標の舞台へ

 競技チームを立ち上げて3年。目標としてきた世界の舞台までようやく上り詰めた。代表理事を務める長谷裕子さんは「出場権を獲得した9月はまだ実感がなかったが、本番まで1カ月を切ってメンバーにも『日本を代表して出場する』という気持ちが芽生えてきた」と印象を語る。

 チームは今年3月の全国選手権大会で2部門優勝を果たすなど、世界大会への出場権獲得後も実力を積み上げてきた。特に3月の大会では中学生以下の部門で、チームとして初めて「ディビジョンチャンピオン」と呼ばれる出場全チームの最高得点に輝いた。キャプテンの廣田莉子さん(小学5年)は「最高の演技ができてうれしかった」と笑顔を見せる。

世界大会は17人編成

 3月の大会では年代別に11人、8人の編成で出場したが、世界大会は小学4年から高校2年までの17人が同時に演技を行う。世界大会のキャプテンを務める田村明莉さん(高校2年)は「人数が多い分中学生高校生のメンバーが引っ張っていって、会場を巻き込むようなパフォーマンスとチームワークを魅せたい。17人の全力で頑張りたい」と意気込む。

 編成が違う分、演技構成もそれまでの大会とは違ったものに。各大会に向けた練習を並行して続けていたが、全国選手権が終わってからは世界大会用の編成に専念。演技のシンクロ性など、大会で評価されるポイントを中心に練習を重ねている。

 選手にとっては初めてとなる、チアの本場アメリカでの大会。他国の選手たちとの交流に「海外の選手のパワフルな演技を学びたい」と語る。長谷代表も「チアは世界共通のスポーツ。海外のチームと心が通う経験をしてほしい」と期待を寄せる。まずは5月2日に行われる予選に出場。翌日の決勝進出を目指す。

中区・西区版のトップニュース最新6

「アロハカフェ」が復活

日本初のカフェバー

「アロハカフェ」が復活 文化

創業地・本牧への思い込め

5月13日号

西区の千葉さん 県代表に

西区の千葉さん 県代表に 社会

大会でミス・ユニバース選出

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter