神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2019年6月6日 エリアトップへ

企業、人の交流で関内活性化へ 駅直結のシェアオフィス開業

経済

公開:2019年6月6日

  • LINE
  • hatena
コーヒーをツールにコミュニティを活性
コーヒーをツールにコミュニティを活性

 市営地下鉄関内駅直結のシェアオフィス・コワーキングスペース「Gイノベーションハブヨコハマ」=中区尾上町3の35=が6月1日に開業した。関内に本社を置くリスト(株)(北見尚之代表取締役)の子会社が運営。同社が持つ地域のネットワークを活かし企業や人との交流を促すことで、関内エリアの経済活性化を目指していく。

 関内地区は開港以来の歴史と文化が根付き、横浜の都心機能を担うエリアとして発展してきた。

 近年、同地区では、これから起業を目指す人材やみなとみらい21地区の大企業の本社や研究・開発施設との人材交流を促進するシェアオフィスなどの拠点づくりが加速している。

 こうした流れのなか、同地区で創業したリストは、地域のネットワークを活かしたハブ拠点として同施設を開設。企業や人とのネットワークの構築や交流を促すことで同エリアの活性化を目的としている。名称の「G」はGateの頭文字。関内の地名を参考にした。

 事業主は同社が担っているが、企画当初からプロジェクト統括を行う株式会社plan―A代表取締役の相澤毅さんなど同エリアで活動する6社のメンバーが参画し、建築設計から施工、運営体制の構築などを手掛けた。

 同施設は、市営地下鉄関内駅直結並びにJR関内駅より徒歩4分の好アクセス。3階(560・39平方メートル)にシェアオフィスとコワーキングスペースを有し、2階(112・88平方メートル)はミーティングフロアとなっている。

 シェアオフィスの入居者には、他の利用者とコミュニケーションが図りやすいセミオープンブースとプライベート空間が保たれるクローズドブースを用意。コワーキングブースと合わせて最大で181人が登録できる。

コーヒーきっかけに

 3階フロアでは、利用者同士のコミュニケーションを活性化させる空間上の工夫が多数取り入れられている。その1つがキッチン共有スペースに設けられたオトノマ株式会社がプロデュースする「GO KAN cafe」。生のコーヒー豆を焙煎するところから、コーヒー淹れて楽しむまでの体験を通して生まれる利用者同士の会話からコミュニティの醸成を図る。

 相澤さんは「人と人が繋がる環境で多様な価値観にふれることで、個人の能力や技術をアップデートさせ、新たな視点や議論が生まれるイノベーションハブを創出していきたい」と意気込んだ。
 

コワーキングスペース
コワーキングスペース

3月13日~20日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

共同開発品が最優秀賞

西・神奈川区の3社

共同開発品が最優秀賞

EVからポータブル電源

2月29日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月29日

動物園、図書館を改修

野毛山地区

動物園、図書館を改修

新たに障害児者支援拠点も

2月22日

移動支援バスが5周年

西区第3地区

移動支援バスが5周年

高齢者の“足”として活躍

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

店先でフードドライブ

西区久保町

店先でフードドライブ

生活困窮者支援を身近に

2月15日

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook