中区・西区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

横濱ゲートタワー3階 市のSDGs拠点がMM(みなとみらい)に 産学官の連携強化へ

経済

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
横濱ゲートタワー。デザインセンターは低層棟3階にある
横濱ゲートタワー。デザインセンターは低層棟3階にある

中区尾上町から移転

 持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、活動する中間支援組織「ヨコハマSDGsデザインセンター」(信時正人センター長)がこのほど、中区尾上町にあるシェアオフィスからみなとみらい21地区の「横濱ゲートタワー」=西区高島=に移転した。

 横濱ゲートタワーは、みなとみらい線新高島駅から徒歩1分の好立地で、延床面積約8万4千平方メートル。地上21階、地下1階建てで高層棟と低層棟に分かれている。鹿島建設(株)など3社が事業主体となり、事務所や飲食店のほか、MM地区で唯一のプラネタリウムも設置している。昨年9月に竣工。今年3月にまちびらきをする予定だ。

 デザインセンターは同タワーの低層棟3階に移転。開業に先駆け、12月17日に山中竹春市長らが出席し開所式を行った。現在は、平日午前11時から午後4時まで営業。

 同センターは市が掲げる「SDGs未来都市・横浜」の実現を目指し、企業や団体、市民など多様な主体と連携することで課題解決に取り組む中間支援組織で2018年に開設。相談窓口機能や横浜の取り組み発信などを担っている。

 今回の新拠点への移転は、同タワーの事業主体である鹿島建設(株)と住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険(株)の3社と横浜市がSDGsの達成に向け連携協定を昨年7月に締結したことから実現に至った。

 センター内には、多様な企業や団体と連携したプロジェクトについて動画などで発信する展示コーナーを設置しているほか来訪者がSDGsに対する思いを記入し、発信できるボードなども設置。また、展示されている棚など一部の家具は、イケア・ジャパン(株)から寄贈されたリユース品を活用している。今後は、同センターを会場に会員企業や団体と連携したセミナーやオンライン配信なども行っていくほか、学校とも連携し、SDGs達成のための次世代育成にも力を入れていく。

 同センターの総合コーディネーターを務める麻生智嗣さんは「多様な企業や人が集まるみなとみらいの環境を活かし、SDGsの取り組みを進めていきたい」と話す。また、同タワーの近隣にあり、SDGsの達成に向けた教育に力を入れるみなとみらい本町小学校の小正和彦校長は「全校でSDGsに取り組む本校にとって、今後の連携が楽しみです。子どもたち、学校のみならず横浜市のSDGs推進を一緒に進めていきたいと思っています」と期待する。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

横浜スカーフの魅力発信

横浜スカーフの魅力発信 社会

10日間で1600人が来場

5月12日号

市スポーツ栄誉賞に2人

市スポーツ栄誉賞に2人 スポーツ

鍵山・高木両選手が受賞

5月12日号

高齢期の安心に講座

戸部本町地域ケアプラ

高齢期の安心に講座 社会

5月23日、行政書士が講師

5月12日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月12日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月12日号

「自然と遊ぼう」

ボーイスカウト横浜第34団

「自然と遊ぼう」 教育

5月29日、根岸森林公園で

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook