中区・西区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

立野小 教育論文で最優秀賞 若手教員の参加など評価

教育

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ立野小の教員(前列左から執筆を担当した中里教諭と境教諭、石川校長。後列左から4年生の授業を担当した酒井優里亜教諭、個別支援学級の日下彩教諭)
受賞を喜ぶ立野小の教員(前列左から執筆を担当した中里教諭と境教諭、石川校長。後列左から4年生の授業を担当した酒井優里亜教諭、個別支援学級の日下彩教諭)

 立野小学校(石川秀子校長)がこのほど、(公財)ソニー教育財団主催・科学教育論文の全国コンテストで、県内初となる最優秀賞に選ばれた。児童の主体的な学びに加え、若手教員や学校全体の取組が評価された。

 同財団では科学が好きな子どもを育てることを目的に体験プログラムの提供や学校への助成を行っている。論文コンテストもその一環で、今年度は全国161の小・中学校から応募があった。理科と生活科の教育実践をレポートした論文と教員へのオンラインインタビュー、授業のビデオ審査を経て、愛知県の朝日中と並び、立野小が最優秀賞に選ばれた。

 同校は過去2年連続で優秀賞を受賞。継続して行なってきた児童が主体的に学ぶ指導方針に加え、若手教員の積極的な参加や学校全体に広がる取組が高く評価された。

 今年度は「自然に浸り、じっくり観察し、新たな価値を創造する子ども」をテーマに掲げて実施。論文はその中から3学年(昨年度の1年、5年、今年度の4年)と個別支援学級の取組がまとめられた。

好奇心を学びに

 1年は年間を通じて根岸森林公園の自然と関わる学習、4年は水鉄砲で遊びながら空気と水の性質に着目。5年は天気の変化の学習から運動会の天気を予想するなど、児童の好奇心や疑問を誘発する授業を実践した。

 前1年を担当した中里優子教諭は、根岸森林公園に繰り返し訪れることで、四季の変化や季節に応じて自分たちの遊び方が変わることを実感できたといい「遊びの体験を通して自分事として捉えられるようになった」と児童の成長を振り返る。

 また個別支援学級では、教室内にレーシングコースを設置して児童の興味を促し、モーターカーを制作。遊びの中で出た「車をもっと速く走らせるにはどうしたらよいか」という課題に対し、電池の数を増やしたり、モーターを変えてみるなど、1人ひとりの問題解決に合わせた実践を行った。

 中心となって論文をまとめた境孝教諭は「今回初めて行った個別級の取組は、工夫次第で人数の多い一般級にも応用できるという気づきになった」と話し「立野小での取組を全国の学校にも発信していけたら」という。石川校長は「児童だけでなく先生たちの学びや成長する機会にもなっている」と話していた。

論文より理科(現4年)と生活科(前1年)の実践の様子
論文より理科(現4年)と生活科(前1年)の実践の様子

中区・西区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月5日号

「医美アワード」で最優秀賞

医療用テープ

「医美アワード」で最優秀賞 社会

平沼拠点の2人が制作

4月28日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook