神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2022年6月16日 エリアトップへ

礼拝開始告げる鐘の音 横浜海岸教会のチャーチ・ベル

文化

公開:2022年6月16日

  • LINE
  • hatena

 カーン、カーン、カーン。毎週日曜の朝、横浜海岸教会から高らかに鳴り響く鐘の音-。礼拝開始を告げるその音は、汽笛と共に異国情緒溢れる港町・横浜の「音風景」となっている。   

 「鐘を所有し、今でも人の手で鳴らし続けている教会はこの辺りでも珍しいのでは。『以前から鐘の音が聞こえて気になっていた』と訪れる人も多い」と、上山(うえやま)修平牧師は話す。創立110周年までは創立年数回を、以降は聖書の巻数に合わせて、午前9時からの子どもの礼拝前に27回(新約の巻数)、10時30分からの大人の礼拝前に66回(旧約39巻+新約27巻)鳴らしているという。

 鐘は旧教会堂が建てられた1875年にアメリカ人から寄付されたことは分かっているが、贈り主については共立女学校(当時)の女性宣教師・プライン夫人など諸説あり、特定するに至っていないという。関東大震災では倒壊した廃墟から掘り出され、戦争下では武器生産の資源が不足する中、軍から鐘の供出を迫られるという危機もあった。しかし当時の牧師が「アメリカからの愛の贈り物を鉄砲の弾にして返すことはできない」と抵抗し、加賀町警察署に留置されても鐘を守り抜いたと伝えられている。

 保全と安全性の観点から現在は一般公開していないが、今回特別に鐘のある塔へ上らせてもらった=写真。「まだ周りに建物が何もなかった時代は、遠くまで鐘の音が届いていたのでしょうね」と上山さん。今は一体どの辺りまで鐘の音が聞こえているのだろうか-。

Y.S.C.C. 横浜

横浜本牧のJ リーグクラブです。次回ホームゲームの情報などはHPから↓

http://www.yscc1986.net

<PR>

中区・西区・南区版のローカルニュース最新6

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

パウ・パトロールが横浜市に出動 国内初のコラボイベント

パウ・パトロールが横浜市に出動 国内初のコラボイベント

オープニングセレモニーには、チェイス&マーシャルも登場

7月19日

1年間の無火災で表彰

西区第六地区

1年間の無火災で表彰

区内で8年ぶり

7月19日

南区 横浜橋通商店街そばの「一番」は下町らしさを体現

町中華へGO!【1】

南区 横浜橋通商店街そばの「一番」は下町らしさを体現

本紙記者がランチ紹介

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook