神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

シルクサミット 20年ぶりの横浜開催 民間が誘致に尽力

文化

公開:2023年9月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
副委員長の稲葉さん(右)と佐野美知子さん
副委員長の稲葉さん(右)と佐野美知子さん

 カイコとシルクの新たな活用や文化の創造等に寄与することを目的とした「シルクサミット 2023 in 横浜」が10月6日(金)と7日(土)、20年ぶりに横浜で開かれる。2016年から横浜でシルク文化を発信している絹の祭典との共同開催だ。

 全国のシルク産地が持ち回りで誘致し、国立研究開発法人の農研機構などの主催で年に1回開催されてきた同サミット。横浜では2003年以来、20年ぶりとなる。

 今回、共同開催する絹の祭典「横濱コクーン・スクウェア」は、民間が運営し、毎年横浜で絹の魅力を発信してきた。同実行委員会の副委員長を務める稲葉みちよさん=人物風土記で紹介=を中心にサミットの横浜誘致に尽力し、開催が決まったという。

 会場は横浜市役所アトリウム。1日目はドキュメンタリー映画『シルク時空をこえて』を上映。また、大正大学の松本洋幸准教授による「震災復興と大横浜の時代〜生糸貿易港から工業港へ〜」と題した基調講演、カイコの新たな活用方法の紹介や30年以上シルクの復権を発信し続けてきた稲葉さんによる活動事例報告などが行われる。

 2日目はダンスパフォーマンス「絹龍舞」やシルクファッションコンサートなどを企画。当日の様子はYouTubeでライブ配信される。イベントは入場無料。

絹の産業復興を

 1859年の開港から昭和の初めまで、主要な輸出品だった生糸。1909年に日本は世界一の生糸輸出国となり、シルク産業は日本の経済を支え、近代化に大きく寄与。その輸出の舞台が横浜港だった。

 稲葉さんは「日本のシルク産業を支えてきた横浜で、その復権を目指したい」と話す。

中区・西区・南区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

移動スーパーを開始

南区堀ノ内

移動スーパーを開始

マルエツと連携し買い物支援

5月23日

循環型経済の拠点を開所

横浜JC

循環型経済の拠点を開所

中区の空き家を利活用

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

M-baseがリニューアル

南区青少年の活動拠点

M-baseがリニューアル

11日に記念イベント

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月2日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook