神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

市中学校野球部選抜チーム 全国優勝で県から表彰 中区・西区は4人が所属

スポーツ

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
昨夏、全国優勝を果たした横浜クラブの中区・西区内のメンバー。(右上)福田光起さん、(左上)堀江修生さん、(右下)久田遥斗さん、(左下)辻原駿さん
昨夏、全国優勝を果たした横浜クラブの中区・西区内のメンバー。(右上)福田光起さん、(左上)堀江修生さん、(右下)久田遥斗さん、(左下)辻原駿さん

 昨夏の「第40回記念全日本少年軟式野球大会ENEOSトーナメント」で全国初優勝を果たした横浜市の中学校野球部選抜チーム・横浜クラブ。優れた成績が評価され、1月13日に神奈川県から県スポーツ優秀選手(団体)として表彰された。

 同大会は、各都道府県の予選大会で優勝し、その後、ブロック大会の代表となった16チームが出場できる「中学生の甲子園」。毎年、横浜スタジアムで開催されている。

 開催地枠として、毎年、横浜市の春の大会で優勝した学校が出場。昨年は40回の記念大会として、開催地に2枠が与えられ、春の優勝校である横浜隼人中学校と横浜クラブが出場。横浜クラブは2回戦、準々決勝、準決勝と勝ち上がり、決勝では明豊中学校(九州ブロック)を2対1で下し、栄冠を手にした。

 横浜クラブは3年生18人、2年生5人の計23人のチーム。西区・中区から4人が選ばれた。▽堀江修生(老松中3年)▽福田光起(同3年)▽久田遥斗(横浜吉田中2年)▽辻原駿(大鳥中2年)〔敬称略〕。

会場で実感湧く

 県立総合教育センター=藤沢市=で行われた13日の表彰式には、U18ベースボールワールドカップで活躍した横浜高校の緒方蓮さんや、慶應義塾高校の丸田湊斗さんも出席。堀江さんは「すごい方々と同じ場所にいた。すごいことを成し遂げたんだと実感が湧きました」と話した。

 大会を振り返り「初戦の入りが難しかった」と堀江さん。緊張で体が動かず、捕手というチームの要でありながら、全体を俯瞰するまでに時間を要したという。相手に先制を許し、レフトの福田さんも「ここで終わるわけにはいかない」と奮起したことを思い出す。

 2年生の久田さんと辻原さん(いずれも投手)は、大会で登板機会はなかったものの、次年度のメンバーには選ばれている。久田さんは「僕らも後輩にしっかりとした野球を見せられたら」と話した。辻原さんは「エースを取りにいく」と抱負を語っていた。

中区・西区・南区版のローカルニュース最新6

Y校出身 ソフトバンク笹川選手がプロ初本塁打

Y校出身 ソフトバンク笹川選手がプロ初本塁打

「柳田2世」が4年目で

6月17日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

ボランティア福祉ガイドを発行

横浜市社会福祉協議会

ボランティア福祉ガイドを発行

6月15日

馬車道駅でテロ対策訓練

馬車道駅でテロ対策訓練

横浜高速鉄道が警察・消防と連携

6月15日

加賀町警察署が日本大通り駅で痴漢撲滅キャンペーン

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook