神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2024年1月25日 エリアトップへ

地下鉄関内駅 「食品ロス」 自販機で削減 売れ残ったパンを販売

社会

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 市営地下鉄関内駅構内に1月18日、食品ロスを削減するロッカー型自動販売機が設置された。市などによるSDGsの取組の一環で、賞味期限内でありながら廃棄されてしまう売れ残ったパンを、割引価格で販売している。

 自販機が設置されたのは、昨年市営地下鉄関内駅横浜スタジアム側改札近くにオープンした「SDGsステーション横浜関内」。市や交通局など4者が運営し、企業のSDGsの情報発信や市民啓発の場としてイベントや展示を行っている。

 今回の取組は、消費者にお得にパンを購入してもらいながら食品ロスについて考えるきっかけにするのが狙い。自販機の設置は、コインロッカーの製造・販売会社「アルファロッカーシステム」=本社・金沢区=が協力。配送時のCO2排出量も抑えようと、市が近隣のパン屋に限定して声をかけたところ、「縁道パン」=中区相生町=が賛同した。

 一般的にパン屋では陳列の見栄えを考慮して多めに焼いており、賞味期限(48時間)内でも約6〜10%が廃棄せざるを得ない現状だという。同店では閉店間近の割引販売などは行っておらず、夏場は毎日75リットルのゴミ袋2袋分ほどが処分される。「従業員の賄いなどで消費するにも限界があり、課題になっていた。SDGsに少しでも貢献できたら」と藤井敏明店長。また、さらなるSDGsの取組として閉店を1時間早めて補充作業を行い、ワークライフバランスも実現したい考えだ。

初日から売上好調

 売れ残った食パンや菓子パンを組み合せて約3割引きとなる、300円〜1000円の4つの価格帯で販売する。中が見える透明なロッカーに硬貨を入れると扉が開き、パンと持ち帰り用の袋が取れる仕組み。18棚あるロッカーは500円玉がないと買えない棚もあり現金が必須だが、春ごろにはキャッシュレス決済もできる予定だ。月曜から金曜の毎日午後8時頃までに補充を行い、翌日の補充時に売れ残っていたパンは廃棄される。

 オープン前日の補充時から立ち寄る人の姿が多く、初日は午前10時前に完売になるなど注目を集めていた。購入した女性は「SDGsの取組とは知らないで買ったが、食品ロス削減につながるのは良いですね」と笑顔に。市の担当者は「他の食品の需要もあれば広げていきたい」と話した。

中区・西区・南区版のトップニュース最新6

3団統合し新体制に

中消防団

3団統合し新体制に

大規模災害への備え強化

4月18日

障害者診療「限界近い」

横浜市歯科保健医療センター

障害者診療「限界近い」

二次機関拡充求める声も

4月18日

50年後 中・西区は増

横浜市人口推計

50年後 中・西区は増

南区は2万9千人減

4月11日

文化の発展担い60周年

横浜市民ギャラリー

文化の発展担い60周年

アートを親しむ場に

4月11日

連携で火災被害最小限に

南区の小中学生

連携で火災被害最小限に

冷静対応、消防署が感謝状

4月4日

「今昔かるた」が完成

西区

「今昔かるた」が完成

歴史や魅力の発信へ

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる 三浦市文化

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

中区・西区・南区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook