神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

市まち普請事業 本牧「もくり」 が助成対象に 地域の居場所、改修進める

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地域の魅力向上などに貢献する施設整備に最大500万円が助成される横浜市の「まち普請事業」。今年度の最終審査が1月28日に市役所で行われ、中区の「HOMMOKUもくりプロジェクト」が助成対象に決定した。活動拠点である中区満坂の古民家を改修し、誰もが集いやすい環境をめざす。

 最終審査には4団体が臨んだ。その内、2つに助成が決定。もくりは審査員7人の満票での最高評価だった。拠点である古民家の整備をきっかけに、住宅地の中にある自然と共生できる貴重な空間や体験を、まちへ広げていくことが期待できると評価された。

 最終審査の発表では、地域との連携をポイントに訴えた。昨年7月の一次審査通過後、アドバイザーからの助言を受けながら提案内容をメンバー間でギリギリまで煮詰めた。代表の今関喜代子さんは「自分たちの活動で完結するのではなく、地域の意見もしっかりと聞いて運営していく」と話す。大岡かこさんは、もくりについて「地域をつなぐ拠点として、次世代にも引き継いでいきたい」と抱負を語った。

みんなの手で整備

 もくりは空家だった築80年余の古民家を県の補助金などを活用して改修し2018年10月に開設。6畳の洋室、8畳と6畳の和室に台所があり、有料で部屋貸しも行う。書道教室やヨガ教室、学習会や会議、食事会などと幅広く活用されている。約30坪の庭には畑や花壇があり、ボランティアが手入れする。地域住民らの有志5人が運営スタッフを務める。

 今回の助成を生かし、来年度中に案内板の設置、キッチンの改修、外構整備などを行う。総予算は521万円を見込む。キッチンのタイル張りや屋外の敷石設置などは利用団体らの子どもたちも一緒に行う計画だ。

中区・西区・南区版のトップニュース最新6

3団統合し新体制に

中消防団

3団統合し新体制に

大規模災害への備え強化

4月18日

障害者診療「限界近い」

横浜市歯科保健医療センター

障害者診療「限界近い」

二次機関拡充求める声も

4月18日

50年後 中・西区は増

横浜市人口推計

50年後 中・西区は増

南区は2万9千人減

4月11日

文化の発展担い60周年

横浜市民ギャラリー

文化の発展担い60周年

アートを親しむ場に

4月11日

連携で火災被害最小限に

南区の小中学生

連携で火災被害最小限に

冷静対応、消防署が感謝状

4月4日

「今昔かるた」が完成

西区

「今昔かるた」が完成

歴史や魅力の発信へ

4月4日

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる 三浦市文化

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

中区・西区・南区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook