神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

西区 「今昔かるた」が完成 歴史や魅力の発信へ

社会

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

 西区内のスポットの今と昔を知ることができる「西区今昔かるた」がこのほど完成した。3月28日には西区役所で菊地健次区長への報告会を実施。4月上旬から区内の施設で貸し出されるほか、区のホームページからダウンロードできる。

 かるたは「あ」から「わ」までの44札。絵札には写真が使われており、藤棚商店街や浅間神社、みなとみらいなど、区の魅力的なスポットがそろう。表には「今」、裏には「昔」の写真を使い、見比べることで遊びを通して楽しく今と昔の様子や違いが分かるようになっている。

 作成したのは生涯学習講座「写真で西区の今昔を学ぼう」の受講生12人。5回の講座で、区に縁の深い講師から写真を通して鉄道や企業と共に歩んできた歴史を学んできた。

 絵札の写真は受講生や区の職員が実際に撮影。昔の写真などは各施設へ提供を依頼した。

 受講者それぞれが一押しのスポットを出し、全員で考え作り上げたというかるた。読み札の作成には頭文字が重なるなど苦労もあったが、「熱が入った話し合いは楽しかった」と振り返った。

 報告会では受講者がおすすめの札を紹介。区内在住の吉田左知子さんはランドマークをあげた。子どもが通っていた幼稚園の園庭から建設過程を見ていたといい「子の成長が重なり、自分の子どものようです」と感慨深げに話していた。

 生まれも育ちも西区の山上薫さんは「受講して初めて知ることがたくさんあった。子どもたちに西区の発展の歴史を知ってもらえたら」と後世への思いを口にした。

区内施設で貸し出しも

 完成したかるたは区役所1階のにしとも広場、地区センター、コミュニティハウスなどで4月上旬から貸し出され、実際に遊ぶことができる。また、5月26日には西地区センター=西区岡野=で体験会も。参加者にはかるたがプレゼントされる。申し込み・問い合わせは西区役所地域振興課【電話】045・320・8390。

中区・西区・南区版のトップニュース最新6

循環型経済の拠点を開所

横浜JC

循環型経済の拠点を開所

中区の空き家を利活用

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

M-baseがリニューアル

南区青少年の活動拠点

M-baseがリニューアル

11日に記念イベント

5月9日

「あぶ刑事」一色に

ロケ地横浜

「あぶ刑事」一色に

あす、よこはまパレードに登場

5月2日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月2日

【正社員募集】横浜で地域密着45年㈱神奈川産業

公共工事中心の安定した職場です!サポートの厚い会社で設備のプロになろう。募集要項はこちら▼

https://rarea.events/event/231519

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月2日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook