神奈川区版 掲載号:2018年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

路線価上昇率 鶴屋町2丁目が県内トップ 横浜駅周辺の再開発で

経済

鶴屋町2丁目市道高島台107号線
鶴屋町2丁目市道高島台107号線

 東京国税局が7月2日、2018年分の路線価を発表した。鶴屋町2丁目の市道高島台107号線が、対前年の変動率14・9%となり、県内トップの上昇率を示した。横浜駅きた西口から続く鶴屋町で進む再開発事業の期待性などが寄与したと考えられる。

 路線価は、相続税や贈与税などにおいて必要となる土地の価額の指標となるもので、東京国税局が毎年公開している。全国の民有地の宅地、田、畑、山林などが対象となり、同一価額の土地に面した路線1平方メートルあたりの価額を表している。

 県内では、西区南幸1丁目の横浜駅西口バスターミナル前通りが1024万円で最高路線価を記録した。各税務署の最高路線価でみる対前年の変動率では、「神奈川区鶴屋町2丁目市道高島台107号線(鶴屋橋北側)」が県内トップとなる14・9%。東京国税局管轄内では、港区北青山3丁目青山通り(麻布署)の15・8%に続く2位となった。

再開発の期待性

 横浜駅きた西口から続く鶴屋町は、再開発事業が進んでいる。18年2月には鶴屋町2丁目に500人近く収容できるホテルと飲食店や喫茶店などの複合施設が開業した。さらに横浜市では「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」を実施しており、ホテルや住宅のほか、商業施設などを兼ね備えた地上44階建ての複合大規模施設の建設が計画されている。

 (一社)神奈川県不動産鑑定士協会で神奈川区担当の岩澤誠さんは「横浜駅周辺の再開発への期待感が高まっている。横浜駅きた西口の近くの再開発事業も進んでいることも変動率の上昇に寄与している」と話す。そのほか、区内では、羽沢横浜国大駅の建設やその周辺の整備によって、今後の地価上昇が期待されるという。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

チャーハン対決で銀賞

六角橋鳥作

チャーハン対決で銀賞

9月20日号

障害者雇用、法定率下回る

横浜市

障害者雇用、法定率下回る

9月20日号

空き家対策に新たな一手

横浜市

空き家対策に新たな一手

9月13日号

「乗馬の甲子園」で3位

白楽在住新改さん

「乗馬の甲子園」で3位

9月13日号

いじめ問題、実践発表

神奈川区内7中学校ブロック

いじめ問題、実践発表

9月6日号

「オレンジ駅伝」スタート

六角橋

「オレンジ駅伝」スタート

9月6日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ポートサイドで秋まつり

ポートサイドで秋まつり

30日 焼き芋など

9月30日~9月30日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク