神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2023年2月23日 エリアトップへ

開発したレトルト発酵スープカレーが神奈川なでしこブランドに認定された 目黒 美沙さん 白楽在住 37歳

公開:2023年2月23日

  • X
  • LINE
  • hatena

食を通じて社会貢献を

 ○…長年、飲食業界に身を置いた経験から、健康や食品ロスを考え商品化した「レトルト発酵スープカレー」。1月26日に女性が開発に貢献した優れた商品やアイデアを認定する「神奈川なでしこブランド」に神奈川区で唯一選ばれた。「商品のブランディングに力を入れていたので認定されて嬉しいです」となでしこブランドと表記された商品を手に喜ぶ。

 ○…白楽で生まれた。白幡小で学び、中高は山手学院に進学。バスケと勉学に励んだ。語学への興味から大阪の関西外語大の短期大学部へ。卒業後は、乳がんを罹った母の看病で地元に戻ったが、1カ月後には帰らぬ人に。それから家でよく料理をするようになり、食への関心を持った。

 ○…赤レンガ倉庫内にある飲食店chano-maやワイン専門のバーなど様々な飲食店で調理や店舗マネジメントの経験を積んだ。バーの客で他の飲食店の店長をしていた夫と結婚し二児の母に。その後、夫婦でみそ専門の創作居酒屋を綱島のビル2階に開業。軌道に乗り始めた矢先、夫が急逝してしまい、180度状況が変わった。

 ○…悲しみに暮れる暇もなく、店舗の継続を決め「子育てをしながらできるものを」とみそを生かしながら「発酵スープカレー」を開発し再スタートしたが、新型コロナが流行。クラウドファンディングなどに挑戦しながらレトルト販売に切り替え、どうにか商品化に漕ぎつけた。

 ○…しかし長女が小学1年生になる前の昨年2月で店舗を閉店。「子どもの大事な時期にそばにいてあげたい」という思いからだ。「辛い思いを経験したからこそ、生まれた『社会に貢献したい』という信念をこれからも食を通じて実現し、路面店へ店舗を復活できれば」と前を見据える。

神奈川区版の人物風土記最新6

久保田 剛さん

この春から神奈川警察署の署長を務める

久保田 剛さん

神奈川在勤 58歳

4月18日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

4月11日

福田 茂さん

4月1日付で神奈川消防団の団長に就任した

福田 茂さん

幸ケ谷在住 65歳

4月4日

小谷野 貴弘さん

南神大寺小学校の創立50周年記念事業実行委員長を務めた

小谷野 貴弘さん

神大寺在住 42歳

3月28日

竹内 一郎さん

能登半島地震の医療災害対策本部DMAT本部長を務めた

竹内 一郎さん

横浜市立大学附属病院勤務 51歳

3月21日

近藤 真さん

火災への適切な初期対応で、神奈川消防署から感謝状表彰を受けた

近藤 真さん

西寺尾在住 72歳

3月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 2月29日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook