神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2023年4月13日 エリアトップへ

区内企業 ストレス対処法冊子に 10代向け、大学に情報提供

社会

公開:2023年4月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
制作した冊子を手に持つ竹見部長
制作した冊子を手に持つ竹見部長

 (株)ココラボ(江森克治代表取締役)=大口仲町=はこのほど、10代向けのメンタルヘルスに関する冊子『MENTAL HEALTH〜うまくいかないときに開く本〜』を制作。横浜市健康福祉局こころの健康相談センターが監修し、横浜市立大学と神奈川大学の協力で今年4月に入学する新入生を対象に同冊子の配布などで情報提供を行った。

 同冊子は横140mm、縦180mmと手軽に手に取れるサイズで16ページのフルカラー。横浜市立大学の新入生向けに2000冊配布し、神奈川大学の新入生には、冊子の電子データを公開した。

 冊子の内容は、「こころ」と「からだ」のストレスサインから、ストレスを抱えている状態に気付くことの大切さを伝え、ストレスに対するセルフケアの方法を掲載している。また、メンタル不調な友人を支える声のかけ方や地域の身近な相談窓口も案内している。

 制作するなかで、10代の若者が興味を引くようにと、14歳から23歳までの若者10人以上に何度もリサーチを行い、キャラクター制作を行ったり、冒頭を漫画風にするなど工夫した。大学の新入生に向け情報提供したことに同社の竹見正一営業部長は「大きく環境が変わり、不慣れなことに直面する4月、5月。冊子を通じてストレスとうまく付き合う方法を見つけてほしい」と話す。

横浜市が監修

 同社は、多様化が進む現代社会の課題を多くの人に知ってもらい、解決につなげていきたいと様々なテーマで情報発信を行っている。2021年には、生き辛さを感じる人への声かけの方法などをまとめた自殺予防啓発の冊子を市のこころの健康相談センターの監修で発行。そこでメンタル不調を抱える若者が多いことを知り、再び同センター監修で10代向けのメンタルヘルスを啓発する同冊子の発行に至った。

 横浜市によると11年から21年までの期間で学生・生徒等の自殺者数は254人でその内、大学生は約半数を占めており、若者を対象としたメンタルヘルスに関する啓発や自殺対策は喫緊の課題だとしている。

神奈川区版のトップニュース最新6

「楽しい」を地域に発信

ロッカクパッチ

「楽しい」を地域に発信

オリジナルビールで縁日

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

土曜開放を毎週化

中央卸売市場水産仲卸棟

土曜開放を毎週化

一般利用者の拡大図る

5月16日

新校舎へ引越し

新校舎へ引越し

菅田の丘小学校

5月9日

社宅を消防訓練に提供

太陽油脂株式会社

社宅を消防訓練に提供

解体前に地域貢献

5月9日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

「ヨコハマサイクルスタイル2024」 6月15、16日

6月15日~6月16日

神奈川区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook