神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

市民防災センター 体験コーナーを刷新 大和ハウス工業と連携

社会

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
バルコニーに設置された避難はしご降下体験コーナー
バルコニーに設置された避難はしご降下体験コーナー

 横浜市民防災センター=沢渡=が4月2日、3つの新たな体験コーナーを加えてリニューアルした。新設されたマンション防災コーナーは、防災パートナー企業となった大和ハウス工業株式会社が企画。そのほか、VR体験や風水害体験コーナーの内容を改め、地域の防災力向上が期待される。

全国初 マンション防災

 リニューアルの目玉となるのが、マンション防災対策について学べるコーナー「ダイワハウス presents マンション防災考えるーム」だ。横浜市内の住居はマンション等の共同住宅が約6割(全国平均は約4割)を占め、マンションでの防災は重要な課題の一つ。そんななか、災害に強い「レジリエンスマンション」づくりに力を入れる大和ハウス工業株式会社が防災パートナー企業となり、全国初となるマンションに特化した防災コーナーが新設された。

 コーナー内には、同社が実際に使用していた建材を再利用(一部)した分譲マンションの一室を再現。リビング、ダイニング、キッチン、バルコニーなどの各部屋で、避難器具の取り扱いや危険個所などを確認できる。火災対策では、バルコニーに設置された避難はしごや隔て板での避難方法を体験できるほか、映像と音声でキッチンでの火災対応を学ぶことができる。地震対策としては、家具の転倒防止や感震ブレーカーの作動体験を用意。展示品や実物大のイラストを使って、防災備品やその備え方、必要なスペースなども分かり、在宅避難についても理解できる。そのほかクイズなども用意されており、親子で楽しく防災について考えることがコーナーとなっている。

 リニューアルに先立ち3月25日に行われた内覧会では、防災パートナー認定証授与式も開催。同社マンション事業本部長の富樫紀夫さんは、「防災センターの理念は、弊社の防災マンションと通ずる部分もあり連携に至った。暮らしを見返し、防災について考える機会にしてもらいたい」と防災への思いを語る。

 リニューアルでは、VR自由体験コーナーに新作の動画も追加。震災対策を学べる動画で、横浜市が同社グループの大和ライフネクスト(株)と(株)理経と共同制作した。また、風水害体験ツアーで放映される映像も新調。子育て世代の家族が風水害の経験から早期避難の重要性を学ぶ様子を描いた作品となっている。横浜市消防局予防部長の加賀谷敦己さんは、「協力は大変ありがたい。有意義に活用して、自助共助の大切さを訴えていきたい」と話した。

認定証授与式に参加した富樫本部長(中央)ら
認定証授与式に参加した富樫本部長(中央)ら

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

土曜開放を毎週化

中央卸売市場水産仲卸棟

土曜開放を毎週化

一般利用者の拡大図る

5月16日

新校舎へ引越し

新校舎へ引越し

菅田の丘小学校

5月9日

社宅を消防訓練に提供

太陽油脂株式会社

社宅を消防訓練に提供

解体前に地域貢献

5月9日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月2日

バス停が復活

神奈川区総合庁舎前

バス停が復活

地域の要望受け

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook