神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

神奈川警察署管内 追突事故が増加中 15日まで交通安全運動

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

 神奈川警察署管内で3月以降、追突事故が増えている。4月6日から15日までは春の全国交通安全運動が行われており、同署ではドライバーに安全運転を喚起するとともに、歩行者にも車両への注意を呼び掛けている。

 同署によると、今年に入り3月末までに区内で発生した交通事故は88件。前年同時期と比べて7件増えている。中でも追突事故は3月だけで10件起きており、事故全体の約2割を占めている。交通課の担当者によればこの時期は路上の桜などに気を取られた脇見運転や、春休みで普段運転しない人による事故が多くなると指摘する。

 また、昨年1年間に区内で発生した交通人身事故件数は328件。前年よりも35件減少し、死者・負傷者共に前年よりも少ない。類型別にみていくと、追突や右左折時の巻き込み事故の割合が多い。特に大通りから小道に入るときの事故が多いという。

 同署では「ドライバーが注意して安全運転を心がけるのは当然という前提の上で、歩行者も車が来るかもしれないという意識を持って行動してほしい」としている。

各団体が呼びかけ

 春の全国交通安全運動に合わせて、開始前日の4月5日には東神奈川駅のペデストリアンデッキで街頭キャンペーンが行われた。

 区役所や安全運転管理者会、神奈川地域交通安全運動推進協議会、自動車整備振興協会横浜支部ら区内の交通安全各団体が参加。夜道で光る反射材や、安全運転を呼び掛けるチラシなどを道行く人に配布した。また、小学校の入学式が実施された8日にも神奈川小学校や幸ケ谷小学校の正門付近で、同団体らによる新入学児童の見守り活動が行われた。

交通安全協会会員らが啓発物品を配布した=4月5日
交通安全協会会員らが啓発物品を配布した=4月5日

神奈川区版のトップニュース最新6

「楽しい」を地域に発信

ロッカクパッチ

「楽しい」を地域に発信

オリジナルビールで縁日

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

土曜開放を毎週化

中央卸売市場水産仲卸棟

土曜開放を毎週化

一般利用者の拡大図る

5月16日

新校舎へ引越し

新校舎へ引越し

菅田の丘小学校

5月9日

社宅を消防訓練に提供

太陽油脂株式会社

社宅を消防訓練に提供

解体前に地域貢献

5月9日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook