川崎区・幸区版 掲載号:2011年1月14日号
  • googleplus
  • LINE

火の神に安全と技術向上を祈願

厳かに式典が行われた
厳かに式典が行われた

 川崎区殿町の東京ガラス工芸研究所(松尾敬子所長)で今月7日、一年の安全と技術向上を祈願する「火入れ式」が行われた。

 火入れ式はガラスを溶かす釜に火をくべる儀式。研究生らは火の神とガラス工芸の始祖バビロニアの僧侶リバリッド・マルドゥークに一年の安全と技術向上を祈願した。

 鏡餅や酒も供えられ、神事同様、二礼二拍手一礼や祝詞に相当する祈願書が詠み上げられた。

 今年度30周年を迎える同研究所では多くのガラス作家を輩出している。
 

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブラインドサッカー体験

10月21日

ブラインドサッカー体験

幸スポーツセンターで

10月21日~10月21日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク