川崎区版

若宮八幡宮

中村新宮司就任式に250人

掲載号:2011年3月18日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抱負を述べる中村宮司(中央)
抱負を述べる中村宮司(中央)

 川崎区大師駅前にある若宮八幡宮第6代目宮司・中村博行さんの就任披露会が今月12日、川崎大師平間寺信徒会館で開催された。  東北地方太平洋沖地震の翌日で一時は中止も検討されたが、出席者全員に連絡をつけることができなかったことから実施した。

 同神社では1868年に神仏分離令が出されるまで川崎大師平間寺の鎮守社だったことや神仏分離後の初代宮司が川崎大師平間寺の血縁関係にあったことから、就任式は川崎大師平間寺内で行うなど、神仏習合にこだわったという。

 この日は氏子関係者ら250人が集まり、新宮司の門出を祝った。来賓として出席した藤田隆乗川崎大師平間寺貫首は神仏分離後も夏祭りなどで関わりが深いことを紹介し、さらにともに手をとりあう重要性を強調した。また、斎藤文夫川崎大師観光協会会長は「かなまら祭りをはじめ、(若宮八幡宮は)観光的にも大きな存在である」として、新宮司のさらなる活躍にエールを送った。

 これに対し、中村宮司は「大師地区の氏神の宮司として、責任の重さを感じる。歴史を汚すことなく、足元をしっかり踏みしめ、常に精進したい」と抱負を述べた。
 

関連記事powered by weblio


川崎区版のローカルニュース最新6件

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

第11回楽大師

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

4月10日号

館長退任前に最終講演

12日、投開票

統一地方選

12日、投開票

4月10日号

副会頭に加治氏

副会頭に加治氏

4月10日号

押し花の奥深さ堪能

初級簿記の講習会

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク