川崎区版

高齢者事故減少目指し

交通安全リーダー育成へ

掲載号:2011年3月18日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察署員の説明を熱心に聞く参加者
警察署員の説明を熱心に聞く参加者

 川崎市では高齢者の交通事故防止に向けて地域で交通安全を呼び掛けるリーダーを育てようと今月7日、幸区役所で研修会を開催した。市内では初めての取り組みで、区内で活動する老人クラブ連合会の会員ら約115人が参加した。

 参加者らは、DVDなどを使い事故の原因を検証。歩行者が最も事故に遭うケースとしては横断歩道のない場所などでの「無理な道路横断」が挙げられ、運転手では一時停止場所や交差点での接触事故が多いことが指摘された。

 幸区古市場から参加した女性(76)は「私も面倒で横断歩道を使わず道を渡ってしまっている。近所の人にも話して事故防止に繋げられたら」と話した。

 幸警察署によると交通事故に対する高齢者の事故の割合は年々増加しているという。昨年1年間で県内での事故死亡者は182人で、65歳以上が全体の4割にあたる72人を占めている。

 今回の参加者らは今後、老人会の会合などで啓発活動に務めるという。市でも各区で同様の活動を随時行っていくとしている。
 

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区版のローカルニュース最新6件

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

第11回楽大師

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

4月10日号

館長退任前に最終講演

12日、投開票

統一地方選

12日、投開票

4月10日号

副会頭に加治氏

副会頭に加治氏

4月10日号

押し花の奥深さ堪能

初級簿記の講習会

川崎区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク