川崎区・幸区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

パン工房 「ほっとカフェ」開業 障がい者3人ら働く

「手作りパンをどうぞ」とスタッフ
「手作りパンをどうぞ」とスタッフ

 川崎区浜町に障がい者の就労を支援する「ほっとカフェテリア パン工房」が今月4日から営業を行っている。 

 同区桜本で喫茶店と弁当工房「ほっとカフェ」を運営する社会福祉法人青丘社が、3番目の店舗として浜町商店街の入口にあたる場所にオープンした。

 川崎市障害地域活動支援センターD型として川崎市から認可を受け、常勤3人とパート2人、知的障がいや発達障がいのある3人の計8人がスタッフとして働く。オープン半年前から専門家の指導を受けながら、生地作りから焼き方まで、パン作りの腕を磨いた。

 管理者の豊田民珠(みんじゅ)さんによると、人気はウィンナーとチーズが入った「エスカルゴ」。また、フィリピンの定番のパンである「パンデココ」は、ココナッツ入りの甘い味が特徴の看板商品だ。オープン1ヵ月にも満たない中、連日のように買いに訪れる人もおり、手ごたえを感じている。「取り扱うパンは現在50種類ほど。将来的には200種類くらいにまでは増やしたい」と豊田さんは意気込む。

 店内にはイートインコーナーを設置。スープやサラダ、コーヒーとのセットメニューを注文することが出来る。また、東南アジアや南米のジュース、菓子、しょうゆ、酢といった食材を販売する「Sari-Sari(サリサリ)ストア」を併設する。

 豊田さんは「地域には障がいのある人、外国人が一緒に暮らし、働いています。『ほっとカフェテリ  パン工房』を通じ関心をもってもらえる機会になれば」と話す。

 営業時間は、月曜日から土曜日までの午前11時頃から午後6時頃まで(土曜日は午後5時頃まで)。住所は川崎区浜町1の9の14アカツキビル1階。

 詳細については同工房(【電話】050・3399・5411)へ。
 

窯からパンを取り出す光景
窯からパンを取り出す光景

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

北口供用開始、イベントも

JR川崎駅

北口供用開始、イベントも

2月16日号

河原町で防災訓練

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

一筋の希望に焦点当て

基調講演に竹中平蔵氏

川崎商議所

基調講演に竹中平蔵氏

2月16日号

川崎 A東京と五分

バスケB1

川崎 A東京と五分

2月16日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク