川崎区・幸区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

最低投票率続く川崎区 デスク・レポート

 ▼今月16日に行われた衆議院選挙の小選挙区における川崎区の投票率が53・92%を示し、神奈川県内に60カ所ある投票所の中で最低の数値を記録した。戦後最低となった今回の衆院選の小選挙区における投票率は、神奈川県で59・87%、川崎市で59・65%で同区はこれに比べて約6ポイントも低い結果となった。神奈川10区選挙区だけでみても幸区が60・42%で中原区が61・50%と、両区より7〜8ポイント低い数値を示した。またしても、残念な結果となった。

 ▼川崎区の投票率の低さは今に始まったことではない。政権交代で沸いた前回の衆院選では61・71%、05年の郵政選挙61・74%と、いずれも市内最低を記録。また、昨年4月に実施された統一地方選挙での投票率は44・63%と市内ワーストこそ免れたものの、平均の46・11%を下回る結果を示している。

 ▼それではなぜ、投票率が低いのだろう。投票啓発を行う川崎市選挙管理委員会によると、明快な回答は出せないとしながらも一つのキーワードとして挙げたのが「単身世帯」だ。いわく、学生寮やワンルームマンションに住む若者は、政治にあまり関心を示さない傾向にある、と。選挙活動に携わった一人は中原区や幸区はファミリー世帯の増加とともに街並みが変わり、投票率も上がってきているのだと話す。実際、中原区は前々回の衆院選の小選挙区の投票率は56・87%と市内ワースト2だったが、前回は67・77%で市内4位、今回は市内で3番目の高い結果となった。幸区についてもしかりだ。

 ▼川崎区の投票率の低さについてはもちろん「単身世帯」だけが要因ではないだろうし、今回の見立てが全てではないことは承知している。が、投票権利の放棄は、政治参加への放棄であり「民度の低さ」をも意味することにつながる。来年夏には参議院議員選挙が行われ、秋には川崎市長選挙も実施されるだけに、もっと選挙に関心を寄せてもらいたい。本欄を通じ、次回の選挙で少しでも投票率が上がることを願うばかりである。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク