川崎区・幸区版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

火の神に安全祈願 東京ガラス工芸研究所

 川崎区殿町にある東京ガラス工芸研究所(松尾敬子所長)で7日、授業の始まりにあわせ、安全を祈願する「火入れ式」を行った。

 同式には、生徒や講師など約30人が出席。講師の幸本雅純さんが祝詞(のりと)に相当する祈願文を読み上げ、ガラス工芸の始祖であるバビロニアの僧侶・リバリット・マルドゥークに一年の無事と技術向上を祈った(=写真)。その後、松尾所長がガラスアートを製作する際に使用している釜に火入れを行った。

 松尾所長は、「ガラス工芸のすばらしさや美しさなどを市民にPRしていき、ガラス文化を川崎市に根付かせたい。そのためにも、情熱をもって指導にあたり、より多くの生徒を一人前に育てていければ」と年頭所感を述べた。

 同研究所は、ガラス工芸、ガラス造詣技術の養成学校として1981年に開校し、これまで約1000人以上のガラス作家を輩出している。
 

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

0円で体験できます♪

有隣堂の音楽教室は「ドラム」「ピアノ」「ウェルネス」などの各コースをご用意!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/kawasaki/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク