川崎区・幸区版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

臨港第1分団が連覇 市消防団操法大会

社会

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞のトロフィーを手にした臨港消防団第1分団
最優秀賞のトロフィーを手にした臨港消防団第1分団

 臨港消防団第1分団(中澤満雄分団長)が9月7日、市中央卸売市場北部市場(宮前区)で開催された川崎市消防団操法大会に出場し、最優秀賞を受賞した。2年前に行われた前回も最優秀賞に輝いている同団は、大会2連覇を果たした。

 操法とは、消火の際の基本的な動作や、ポンプの操作方法の習得を目指す訓練。大会では補助員を合わせた5人1組で、素早さや正確さを競う。

 臨港第1分団はタイムこそ全体で2番目だったものの、動作の正確さで高い評価を受け、総合点では次点の多摩消防団稲田分団宿河原・堰班を引き離し、頂点に立った。

 チームを統率する「指揮者」を務めた工藤一幸さん(42)は「前回大会での好成績もあり、プレッシャーもあった。連覇を達成できて、ホッとした」と振り返り「連覇には練習の指導や安全管理などの協力が不可欠だった」と先輩団員らに感謝した。

大会通じ連携強化

 川崎市大会は1994年から隔年で実施され、今回で11回目。市内8地区にある消防団から各地区大会の上位2分団が出場できる。中澤分団長は大会の意義について「操法技術の底上げだけでなく、分団同士の交流も図れる。大規模災害時には団の連携が必要だし、その意義は大きい」と話す。

 また、2年後の次回大会は、県大会予選も兼ねた大会となる。中澤分団長は「2連覇は一つの通過点。3連覇を果たして、県大会に出場するためにも謙虚な気持ちで訓練を続けたい」と意気込みを語った。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

河原町しんわ念願の初V

河原町しんわ念願の初V スポーツ

春季ドッジボール大会

5月20日号

グラウンド・ゴルフ大会

グラウンド・ゴルフ大会 スポーツ

5月27日 富士通スタで

5月20日号

事業承継の基礎知識講座

市主催

事業承継の基礎知識講座 経済

6月15日 川崎区で

5月20日号

外国人の人権問題、一冊に

外国人の人権問題、一冊に 社会

連絡会が白書発行

5月20日号

上下水道を学ぼう

川崎市

上下水道を学ぼう 社会

夏休みに施設見学会

5月20日号

目指すは関東大会

目指すは関東大会 スポーツ

渡田中ソフトボール部

5月20日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook