川崎区・幸区版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

「友好の懸け橋」今後も 川崎・エジプト親善協会

文化

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
大使(右)の話に耳を傾ける主席者ら
大使(右)の話に耳を傾ける主席者ら

 エジプトとの友好の懸け橋にと、桜の贈呈や児童写真展の開催などの文化交流続けている川崎・エジプト親善協会(斎藤文夫会長)の理事ら5人が2月6日、東京目黒区のエジプトアラブ共和国大使館を訪れた。

 平泉・中尊寺の貫主をはじめ全国から約70人の関係者が招かれる中、ヒシャム・エルゼメイティー特命全権大使は、出席者に対し日頃の活動に謝意を述べるとともに、近く退任する意向を伝えた。

 また、古代エジプトについて考古学の研究を進めている東海大学准教授の山花京子氏による講演も行われ、紀元前から伝わる装飾品の金属工芸の技術、ツタンカーメンの黄金マスクの構造、現代はほとんど見られない陶器素材の物質「ファイアンス」などについて紹介。主席者らは熱心に耳を傾けていた。 

 同協会の尾崎弘子副会長は「お世話になった大使に心より御礼を申し上げた。いまエジプトの情勢は大変な時期にあるが、日本との友好関係を続けていけるよう今後も努めていきたい」と話した。また、会が発足した2005年に、会員らはエジプトを訪れ約1000本の桜を植樹しており、「落ち着いたら様子を見に行きたい」と望んだ。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

ヘイトの現状、識者が講演

反差別条例施行1年

ヘイトの現状、識者が講演 社会

川崎区内で学習会

6月25日号

英国に親しむ写真展

川崎の海で地引網体験

川崎港振興協会

川崎の海で地引網体験 文化

7月に環境教室

6月25日号

最速28歳で六段合格

最速28歳で六段合格 スポーツ

幸区南加瀬在住 小林さん

6月25日号

「特別警戒」5区域を指定

神奈川県

「特別警戒」5区域を指定 社会

幸区内の土砂災害危険地

6月25日号

職域接種 7月開始へ

県宅建協会

職域接種 7月開始へ 社会

会員、職員ら3千人想定

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter