川崎区・幸区版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

かつての「海苔の街」伝える 殿町小でノリすき体験

文化

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena
石渡さんに教わりながら作業をする児童(左)
石渡さんに教わりながら作業をする児童(左)

 殿町小(榊山英昭校長)で17日、毎年恒例の「ノリすき体験」が行われ、4年生93人が昔ながらの手法で1人につき2枚を仕上げた。

 大師地域は昭和中期頃まで、ノリ養殖が盛んだった。この日は、当時ノリ養殖業を営んでいた人達を中心とした8人の「海苔名人」が指導。児童たちは1m以上ある柄の先に6枚の鉄の刃が付いた「突き包丁」や「ノリ切り包丁」を使ってノリを細かく切り刻み、木の枠に流し込む「すづけ」作業を体験した。体験した児童は「手がすごく冷たくなったけれど、しっかり作れてよかった」と感想を話していた。

 作業後は、名人達が海苔産業が栄えていたころの街の様子など、郷土史を披露。児童たちは「お返しに」と、歌詞に「かもめ飛びたて のり採る舟に 海はたのしい心の故郷」とある同校校歌を歌った。

 同校での体験会は、今年で31回目を数える。第1回から指導を続けている石渡美由喜さんは「皆、興味津々で取り組んでいた。自分達の住む地域がかつてノリ養殖で栄えていたことを、体験を通して感じてもらえたら」と話していた。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

感動を共有する施設に

チッタグループ

感動を共有する施設に 社会

コロナ禍で迎える100周年

1月28日号

スマホで所得税申告

スマホで所得税申告 社会

川崎南税務署が教室

1月28日号

幸区2チームが優勝

幸区2チームが優勝 スポーツ

SAIWAIなでしこ杯

1月28日号

新人声楽コンクール

カルッツかわさき

新人声楽コンクール 文化

市民50組100人を招待

1月28日号

意欲育む教育方法一冊に

元校長らが執筆

意欲育む教育方法一冊に 教育

「授業で役立ててもらいたい」

1月28日号

梅ほころび、境内に彩り

梅ほころび、境内に彩り 文化

川崎区 石観音堂

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook