川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

川崎市がん検診 クーポン券配布も、受診率低調 「早期発見・早期治療」の重要性呼びかけ

社会

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はこのほど、がん検診の自己負担額が無料となるクーポン券を対象者に配布した。対象となるのは、子宮頸がん検診が20歳(1995年4月2日〜1996年4月1日生まれ)、乳がん検診が40歳(1975年4月2日〜1976年4月1日生まれ)を迎える女性。また、以前無料クーポン券を利用しなかった対象者にも再配布し、計7万8600人分を交付した。今後、市内への転入者にも配布していくという。

受診率は12%台

 クーポン券を利用すると、子宮頸がん、乳がんとも検診代の自費分となる1000円が無料となる。しかし、昨年度このクーポン券を利用した割合は、対象者に対して、子宮頸がん検診が12・6%、乳がん検診が12・5%に留まった。この要因について市は、「クーポンが届いた時点で関心がある人は受診してもらえるが、それ以降の受診率は伸びていない」と頭を悩ませている。

 市では、町内会の回覧板や各区のイベントなどで呼びかけている他、企業とタイアップしてチラシを配布するなど受診を勧奨しているものの、国が掲げる「受診率50%」には程遠いようだ。

若い世代に多い乳がん、子宮頸がん

 日本対がん協会によると、子宮頸がんは20〜30代の女性が患うがんの中で最も多く、2014年には6400人以上が死亡しているという。また、乳がんは、30歳から64歳までのがんによる死亡の1位で、日本女性の約12人に1人が罹患するという。

 しかし、乳がんは早期治療により10年生存率が90%以上ともいわれている。また、子宮頸がんも早期であれば妊娠の可能性が残ることからも、検診の重要性が非常に高いことが窺える。

早期発見・治療で生存率向上

 日本人の2人に1人が罹患し、3人に1人が亡くなっているというがん。市では「特に子宮頸がんと乳がんは早期発見・早期治療できれば、生存率・治癒率とも格段に高くなる。発見の機会を見逃さないためにも、定期的にがん検診を受けてほしい」と改めて呼びかけている。

 なお、平成27年度まで配布していた大腸がん検診の無料クーポン券は、国の指針により今年度は配布していないという。

 問い合わせは、川崎市がん検診・特定健診等コールセンター【電話】044・982・0491へ。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

大八木監督「原点は川崎」

2021年 箱根駅伝優勝校 駒澤大学

大八木監督「原点は川崎」 スポーツ

本紙対談企画 川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

2月26日号

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

【Web限定記事】対談企画

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会 スポーツ

駒澤大学陸上競技部・大八木弘明監督 × 川崎市陸上競技協会・皆川敏明理事長

2月26日号

機能別団員が入団

幸消防団

機能別団員が入団 社会

「後方支援に努めたい」

2月26日号

川崎・幸区から15人受賞

川崎・幸区から15人受賞 教育

青少年育成の功労者を表彰

2月26日号

3月14日、SDC(ソーシャルデザインセンター)活動報告

卒業前に「元気」を

【Web限定記事】 よみうりランド

卒業前に「元気」を 教育

 市立小6年、3日間貸切へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク