川崎区・幸区版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

末広庵 「音まち振興に役立てて」 売上げ一部協議会へ寄付

社会

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする三藤哲也社長(右)
感謝状を手にする三藤哲也社長(右)

 川崎区東田町に本店を置く菓子匠「末広庵」は11月17日、マドレーヌ「わおん」の売り上げの一部である5万7241円を「音楽のまち・かわさき」推進協議会に寄付した。寄付金は音楽を通した川崎の街づくりに役立てられる。

 同店は、川崎市が掲げる「音楽のまち・かわさき」に共感しており、これまで、「惣之助の詩」など同コンセプトに因んだ菓子を開発・販売してきた。

 マドレーヌ「わおん」は2014年の「音楽のまち・かわさき10周年」を記念し創作されたもの。「これからも街にさまざまな音色が重なり合い、きれいな和音のように響き広がってほしい」との思いから「わおん」と名付けられ、1個売れるごとに1円が寄付金に充てられている。

 今回の寄付金贈呈は昨年に続き2回目。末広庵の三藤哲也代表取締役は「川崎が音楽の街らしくなってきた。これからも寄付は続けていく」と意気込みを語っている。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter