川崎区・幸区版 掲載号:2017年8月4日号 エリアトップへ

川崎総合科学高 手ぬぐいで花火大会応援 市内各地で販売

社会

掲載号:2017年8月4日号

  • LINE
  • hatena
(左から)デザインした手ぬぐいをPRする高岡さん、三浦さん、小島さん
(左から)デザインした手ぬぐいをPRする高岡さん、三浦さん、小島さん

 川崎総合科学高(幸区)のデザイン科に通う生徒3人が、8月19日(土)に開かれる多摩川花火大会協賛手ぬぐいをデザインし、先月下旬から市観光案内所など市内各地で販売されている。売上は花火大会の警備費用などに使われる。

 デザインしたのは、高岡かりんさん、三浦桃花さん、小島彩花さん。市観光協会と川崎市の依頼で、4月に市の人口が150万人突破したことを記念して作成。手描き友禅の技能をもつかわさきマイスター石渡弘信さんが監修し、手描き友禅の染工所が一枚ずつ手作りした。

 3種の手ぬぐいには、花火や多摩川、武蔵小杉のビルなどをイメージした絵をそれぞれ描いた。

 三浦さんは「子どもから大人まで楽しめるような親しみやすいデザインにした。たくさんの人に手に取ってもらえれば」と話した。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook