川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • はてぶ

新川橋周辺が事故多発地 県内ワースト3

社会

 神奈川県警は先月28日、ことし1月から6月末までの人身交通事故多発エリアのワーストエリア10カ所を発表した。

 川崎区の新川橋交差点周辺が3位で、同交差点を含む1キロメートル四方のエリアで58件の事故が起きている。

 川崎警察署によると、午後4時から7時までの事故が多い。薄暗くなる時間であると同時に買い物、通勤で交通量が増えるからだと分析する。

 国道15号での事故が21件(36・2%)、65歳以上の高齢者が絡む事故が16件(27・6%)と多い。自転車が関係する事故は13件(22・4%)だった。

 新川橋交差点での事故は4件と少ない。同署は「片側4車線と広いが、信号が車両と歩行者がしっかり分かれているから安全」とみるが、「赤信号で自転車が突っ込んでいくのを見たことがある」(臨港バス乗務員)といった声もあり、注意は必要だ。

 同署交通課指導係の担当者は「赤橙を点灯させての警戒活動を多く行い、管内のいろいろな所に出没して、警察の目が常にひかっていることを意識させ、少しでも事故を減らしていきたい」と決意を語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

曲芸的プレーにも注目

 アンプティサッカー選手権 17日・18日

曲芸的プレーにも注目

富士通スタジアムで

11月17日~11月18日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク