川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

酷暑、豪雨であなたの家は大丈夫? メンテナンス次第で家は長持ちします まちの小さな塗装店「かわだや」

「お気軽にご相談ください」
「お気軽にご相談ください」

 今年の夏、ゲリラ豪雨などで雨漏りに悩まされたお宅もあるのではないだろうか。

 雨漏りがするということは壁の下地まで傷んでいる可能性がある。

 本紙でもお馴染み、塗装のプロ、有限会社かわだや(川崎区渡田山王町)の河田良郎社長によれば、「下地を守るのが塗装やシーリング。この劣化を防ぐことで下地を守ることになる。結果、雨漏りも防げます」。

 雨漏りなどする前に点検し、手を打つことで建物を長もちさせることに繫がるそうだ。

 「見た目がきれいなのは大前提。弊社は長く良い状態を維持できる提案を致します」

 外壁モルタル下地の下塗りを厚塗りする事もその一環。弾力性のある下塗り剤を厚塗りすることで、地震の揺れなどでひび割れするリスクを下げられる。

 一見、割高にみえても、長い目で見ると結果的にコストを抑えることになるのだ。

10年に1度、塗り替えをおススメは遮熱系塗料

 新築から10年、塗り替えから10年たったら点検をするようにしたい。

 使用している塗料によって長短あるが、10年に1度の塗り替えが目安と言われている。

 「塗料の劣化の原因は紫外線、水そして熱です。素材に熱が蓄積しないように反射する遮熱系塗料がおススメ」とのこと。

 この夏の酷暑、ゲリラ豪雨で家の傷みに不安がある人は一度相談を。
 

有限会社かわだや

川崎市川崎区渡田山王7-10

TEL:044-223-8472

http://kawadaya.com

川崎区・幸区版のピックアップ(PR)最新6件

参加募集「季節のフラワーアレンジ教室」

平安会館さいわい/創業50年セレモニアグループ

参加募集「季節のフラワーアレンジ教室」

2月15日号

ピーク前の対策が重要

花粉飛散量、県内は例年の2倍以上!?

ピーク前の対策が重要

2月15日号

音大生選抜オーケストラが熱演

第8回音楽大学フェスティバル・オーケストラ 3月31日

音大生選抜オーケストラが熱演

2月15日号

専門家がスッキリ解決

相続・不動産の悩み

専門家がスッキリ解決

2月15日号

目もとの老化のお悩みに

まぶたのたるみ、目の下のクマ、膨らみなど

目もとの老化のお悩みに

2月8日号

弁護士らによる無料相談会

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

総勢100人で大会議

川崎区

総勢100人で大会議

地域イベ参加者募集

3月10日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク