川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

NECグリーンスイミングクラブ 小嶋選手(御幸中)、全中制す 男子平泳ぎ100メートルで

スポーツ

メダルを手にする小嶋選手(左)と末永選手
メダルを手にする小嶋選手(左)と末永選手

 NECグリーンスイミングクラブに所属する中高生2選手が、8月に行われた全国高校総体(インターハイ)と全国中学校水泳競技大会を制する快泳をみせた。

 同クラブ玉川に所属する小嶋壮選手(御幸中3年)は、全中男子平泳ぎ100メートル種目で2位に0・1秒差の接戦を制し優勝した。小嶋選手は「全中は目標だったので嬉しい」と喜びを語る。

 また、同大会後に行われたJOC夏季水泳競技大会では、同種目(13歳〜14歳区分)を自己ベストとなる1分03秒83で優勝。「狙っていたのは1分03秒30。それでも初の03秒台に手応えを感じている」という。小嶋選手は「全中は通過点。次の目標はインターハイ」と意気込みを語った。

 同クラブ溝の口に所属する末永亨馬選手(麻生総合高校3年)は、高校選手権男子自由形50メートルで自己ベストとなる23秒20を更新し、同着優勝を果たした。末永選手は「同着優勝はびっくりした。(優勝した)今野選手とはお互いに『やったね』と言い合った」と話す。

 1年ぶりの自己ベスト更新に「長かった」という末永選手。春の日本選手権では惨敗を喫し「落ちたらあげていくだけ」と気持ちを切り替え、徐々に調子を上げていった。「コーチや家族、周りの人に支えられたおかげ。次はオリンピック出場を目指す」と前を見据える。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

アジアングルメに舌鼓

黒田選手、世界王座誓う

ボクシング川崎新田ジム

黒田選手、世界王座誓う

4月19日号

改元サギを漫才に

ひとり親家庭の自立促進

林さん考案作品優勝

東小倉小で学習サポ

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク