川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

プロが教えるデジカメ一眼講座 今がシャッターチャンス 第5回 Pモードと緑モードの違い

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena

 よく、講座を教えている生徒からお聞きすることですが、デジタル一眼を買った時に、まずどうやって撮影したらよいか販売員さんに尋ねると、大抵、全自動モードである「緑モード」を勧められるそうです。「緑」にしておけば大丈夫と。

 なるほど、初心者にとって適正な明るさ(露出)で撮れている事が第一条件だとすると、それも良く分かります。

 しかし、この「緑モード」、ちょっとくせものです。

 露出はほぼ正確ですが、ちっとも上手に見えないのです。それに対して、簡単でプロも愛用しているモードがあります。それが「Pモード」です。ではその違いを述べていきます。

「緑」全自動モードと「P」プログラムモードの違い

 まず右の表を見てください。代表的なものをまとめると、こんなところです。「緑」がほぼカメラが勝手に決めているのに対して「P」は人間(撮影者)が自由に決定できるのです。

 分かりやすい事例としては、暗い室内など撮影する場合、内蔵しているフラッシュが「緑」だと勝手にポップアップし光ってしまうのに対して「P」は地明かりを生かしてフラッシュを発光させないようコントロールできるのです。

 さらに特筆すべきは露出補正とホワイトバランスが出来ることです。

 これは今後の大きなテーマなので後の章に譲ることにします。

 というわけで、カメラマンの意図によって作品が撮れる「P」モードを中心に進めていきます。

(C)2018 H.Inatsugu /Cookie Nuts Studio

http://cookie-nuts.com/本紙に掲載されている写真・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止させていただきます。
 

川崎区・幸区版のコラム最新6

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook