川崎区・幸区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

地場野菜ピクルス登場 日航ホテルとJAがコラボ

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
ピクルスを手にする神子田総料理長(左)と西野さん
ピクルスを手にする神子田総料理長(左)と西野さん

 川崎日航ホテル(山口祐一総支配人)はJAセレサ川崎(原修一代表理事組合長)との連携で川崎市内で生産された野菜「かわさきそだち」を使用した「川崎で採れた野菜のピクルス」を商品開発した。

 同ホテルのレストランが土産としてピクルスの販売を企画した際、地場野菜で造ることをコンセプトにし、JAセレサ川崎に協力を呼びかけ実現に至った。

 毎月100瓶の限定生産。同ホテルの神子田(みこだ)一也総料理長は「季節により採れる野菜が違うので旬を感じられるピクルスになっている」と話す。

 JAの西野智洋さんは「川崎区や幸区の人に地元の野菜を知ってもらう良い機会」だと期待を寄せる。

 使用する野菜は高津区久末の農家、森清行さんが生産している。

 同ホテルレストラン「ナトゥーラ」で販売。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook