川崎区・幸区版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

日吉商連 バードコール販売で援助 夢見ヶ崎の倒木を利用

社会

倒木の枝を持ち笑顔の成川会長(上)とバードコールとコースター
倒木の枝を持ち笑顔の成川会長(上)とバードコールとコースター

 日吉商店街連合会は夢見ヶ崎動物公園であさって24日(日)に開かれる春の動物園まつりで、昨年10月の台風24号で倒れた公園内のサクラやケヤキの木で作ったグッズを販売する。

 木の枝に差し込んだねじを回すと「キュキュ」と鳥の鳴き声に似た音を出すバードコールやコースター、花台を販売する予定。

 同会はさいわい加瀬山の会(成川七郎会長)に制作を依頼し、完成品を買い取って販売する。

 日吉商連青年部の出口光徳さんは「加瀬山の会はボランティアで活動しており、以前からどうにか援助できないかと思っていた」という。

 ヒントとなったのは埼玉県秩父郡長瀞町の「長瀞桜燻製プロジェクト」。サクラの名所、長瀞では間伐のために伐採された間伐材をチップに加工し、街全体で燻製事業に取り組んでいる。

 もともと建築士だった出口さんは木への造詣が深い。倒木の処理には多額の金がかかり、サクラやケヤキは買えば高い。それならば有効活用ができないかと考えた。

 バードコールは出口さんが好きで作ったりしていたという。

 「バードコールは子どもが口に入れると危ないので、少し大きめに作ってもらっている。今後は動物園の焼き印なども入れられれば」と語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

ポンセ氏参加、野球フェス

よさこい平成踊り納め

成功に向け、実行委員会発足

キム・ヨンジャさん公演

成功に向け、実行委員会発足

4月26日号

ひつじのショーンなど上映

「ねこづくし」な写真展

川崎市市民ミュージアム

「ねこづくし」な写真展

4月26日号

ルフロンがリニューアル

あす27日

ルフロンがリニューアル

4月26日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク