川崎区・幸区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

平成最後の引声念仏響く 川崎大師平間寺で

文化

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena
厳かな雰囲気の中、本堂に鉦の音と念仏が響き渡る
厳かな雰囲気の中、本堂に鉦の音と念仏が響き渡る

 川崎大師平間寺の大本堂で今月20日から22日、正御影供(しょうみえく)大法要が行われ、川崎大師双盤講(そうばんこう)による、引声(いんじょう)念仏が行われた。

 法要の時、本尊の大師像の御戸帳(みとちょう)といわれるのれんを開帳する際、講元が中央に座り、後ろに講員が並んで座って、双盤と呼ばれる鉦(かね)を左右で叩きながら念仏を唱える。3日間で朝、昼、午後の3回ずつ計9回行われた。

 引声念仏は1834年に第35世隆盛和尚が本堂を再建した際に始まったとされる。今年2月にはその民俗学・文化財的な価値が認められ、川崎市重要習俗技芸に指定された。

 講元の田辺照雄さんは「もちろん今までも一生懸命にやってきたが、文化財に指定されたことで、講員の意識もさらに高くなったと思う。今年は平成最後の務めということもあって、その気持ちも強かった。出来も良かったですよ」と語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

田島公園に郵便ポスト設置

田島公園に郵便ポスト設置 社会

地域住民の要望実る

11月26日号

特殊詐欺防止で感謝状

臨港警察

特殊詐欺防止で感謝状 社会

川崎四谷上町郵便局長へ

11月26日号

おむすび、ぬり絵で彩り

おむすび、ぬり絵で彩り 文化

29日まで川崎図書館で展示

11月26日号

コロナ第六波に備えて

川崎マリエン

コロナ第六波に備えて 社会

施設に「抗ウイルス対策」

11月26日号

縁つなぎ、高め合う場に

川崎女性経済人「カワジョ会」

縁つなぎ、高め合う場に 社会

勉強会で交流 地域活性へ

11月26日号

Xmasケーキ6種

川崎日航ホテル

Xmasケーキ6種 社会

12月19日まで受付中

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook