川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

自転車寄贈活動17年で幕 日本ベトナム友好協会川崎支部

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
報告書を手にする宮原さん(右)と編集をした飯塚敞二朗さん
報告書を手にする宮原さん(右)と編集をした飯塚敞二朗さん

 日本ベトナム友好協会川崎支部(宮原春夫支部長)が行ってきた、ベトナムの子どもたちに川崎市から提供された不要になった放置自転車を贈る活動が、ベトナムの中古自転車の輸入禁止措置により活動中止を余儀なくされた。

 活動のきっかけは宮原さんが2000年にベトナム訪問をした際に、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の後遺症に苦しむ2世、3世の姿を見て、戦争はまだ終わっていないと感じたことだった。

 何か支援できることはないかと模索した結果が、現地の「自転車が欲しい」いう声と、当時、放置自転車の対応に頭を悩ませていた川崎市とを結んだ、中古自転車のリサイクル活用だ。

 2001年に友好協会に加入して川崎支部を結成し、03年11月に1回目の寄贈をしてから2018年3月までに31回、延台数1万2478台をベトナムに届けた。

 宮原さんは「長い間、多くのボランティアの方や企業にご協力いただき、感謝している。現地ではまだ自転車を必要とする人もおり、活動中止は無念だ。今後は来日するベトナム人の労働や言語についての支援ができないかと考えている」と語った。

 同会川崎支部はこれまでの活動をまとめた報告書を作成し、ボランティア参加した人や企業、団体などに配布をした。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook