川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

自転車寄贈活動17年で幕 日本ベトナム友好協会川崎支部

社会

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
報告書を手にする宮原さん(右)と編集をした飯塚敞二朗さん
報告書を手にする宮原さん(右)と編集をした飯塚敞二朗さん

 日本ベトナム友好協会川崎支部(宮原春夫支部長)が行ってきた、ベトナムの子どもたちに川崎市から提供された不要になった放置自転車を贈る活動が、ベトナムの中古自転車の輸入禁止措置により活動中止を余儀なくされた。

 活動のきっかけは宮原さんが2000年にベトナム訪問をした際に、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の後遺症に苦しむ2世、3世の姿を見て、戦争はまだ終わっていないと感じたことだった。

 何か支援できることはないかと模索した結果が、現地の「自転車が欲しい」いう声と、当時、放置自転車の対応に頭を悩ませていた川崎市とを結んだ、中古自転車のリサイクル活用だ。

 2001年に友好協会に加入して川崎支部を結成し、03年11月に1回目の寄贈をしてから2018年3月までに31回、延台数1万2478台をベトナムに届けた。

 宮原さんは「長い間、多くのボランティアの方や企業にご協力いただき、感謝している。現地ではまだ自転車を必要とする人もおり、活動中止は無念だ。今後は来日するベトナム人の労働や言語についての支援ができないかと考えている」と語った。

 同会川崎支部はこれまでの活動をまとめた報告書を作成し、ボランティア参加した人や企業、団体などに配布をした。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

週末の人出回復

川崎駅周辺

週末の人出回復 社会

20日、感染拡大前比4・8%プラス

6月26日号

地元の優れた店 市が表彰

地元の優れた店 市が表彰 社会

大賞は30万円 参加店募集中

6月26日号

8月に代替大会開催へ

県高野連

8月に代替大会開催へ スポーツ

トーナメント方式、無観客で

6月26日号

コロナ禍での奉仕活動

川崎RC

コロナ禍での奉仕活動 社会

市やふるさと食堂に寄付

6月26日号

有料映像配信ベースに

サマーミューザ

有料映像配信ベースに 文化

7月23日から8月10日

6月26日号

「拉致問題を風化させない」

「拉致問題を風化させない」 政治

 市議会 全会一致で決議

6月26日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク