川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

公演中に避難訓練 ミューザ川崎

社会

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
身をかがめる観客と音楽隊
身をかがめる観客と音楽隊

 ミューザ川崎シンフォニーホール(幸区大宮町)は2月6日、コンサート中に災害が起こった想定で、観客とスタッフが一緒に行う避難訓練を実施した。

 事前応募で集まった約250人の観客と川崎市消防音楽隊38人、スタッフ60人が参加した。

 訓練は演奏中に東京が震源で幸区の震度6強の地震が起き、それに伴う火災が発生したと想定。

 地震発生の合図があると、会場内のあちこちからスタッフが「頭を守ってください」などと、観客を落ち着かせようと声をかけた。客席では上着などで頭を守る姿が見られ、ステージ上の音楽隊も演奏を中断し、かがんで身を守った。震度6強に耐えられる設計のため、外部の状況確認をする間はそのまま待機の指示。その後、火災発生の情報が入り、非常口から外部にスタッフの誘導で避難がなされた。

 幸区鹿島田から参加した山下登美子さんは「ミューザの会員でよく利用している。こうした訓練があればいざという時慌てなくてすむ」と話した。

 観客参加型の避難体験コンサートの実施は、2013年に行って以来2回目。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

おえんまさま中止

おえんまさま中止 文化

一行寺

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 政治

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

マスクでまちを元気に

マスクでまちを元気に 社会

商店街と地域団体がタッグ

5月29日号

等々力2度目の中止

SHISHAMO

等々力2度目の中止 社会

「すごく悔しい気持ち」

5月29日号

夏の連合渡御中止

夏の連合渡御中止 文化

若宮八幡宮

5月29日号

水辺の生き物を彩ろう

【Web限定記事】川崎水族館が塗り絵公開

水辺の生き物を彩ろう 社会

公式ツイッターで配布

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク