川崎区・幸区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

市職員広岡さん ダウン症児の成長記出版 父親の視点で綴る

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする広岡さん
著書を手にする広岡さん

 川崎市役所に勤める広岡真生さんが、ダウン症の長男・歩睦(あゆむ)さんとの16年間の生活を父親目線で綴った『誰だって誰かのヒーローになれる ダウン症児子育ち日誌』(言叢社)をこのほど、出版した。広岡さんは「ダウン症に対する理解の一助となれば。福祉とは関係のない分野にいる人に手に取っていただきたい」と語る。

 広岡さんは歩睦さんが生まれた際、医師から心臓疾患とダウン症を告知された。衝撃を受けた一方、周囲の人と話をするうちに「変わった子育てになりそう」だと予感。多くの人に知ってもらおうと、2005年3月から組合の機関紙に連載を始めた。読者からの反響も大きかったことから書籍化。著書は15年の連載に加え、胎児のダウン症を調べる新型出生前検診(NIPT)や相模原障害者施設の殺傷事件でクローズアップされた優生思想についてもページを割き、親の思いとして文章にしている。

 著書は4章で構成。日々のやり取りの中で感じる子どもの成長の楽しさの中に、健常児と何ら変わらない驚きと発見が綴られている。広岡さんは生活保護や児童虐待対策などに携わった経験から「ダウン症児からみた閉塞感のある社会のありようを浮き上がらせ、新しい見方を提供した」と執筆への思いを語る。「ダウン症児の将来は豊かさや可能性に満ちている。幸せの物差しが色々あることも知っていただければ」とも強調する。

 価格は1682円税別。北野書店はじめ市内主要書店、アマゾンなどで購入できる。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「思いよ、天まで届け」

「思いよ、天まで届け」 文化

東小倉小でどんど焼き

1月22日号

2020年あなたのベスト映画は何?「かわさきシネマアワード」開催

アマ落語家、渾身の寄席

アマ落語家、渾身の寄席 文化

30日、かわさき宿交流館

1月22日号

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ 社会

27日 全国自治体で初

1月22日号

黒岩知事が商店街視察

黒岩知事が商店街視察 社会

外出自粛を呼びかけ

1月22日号

スマホで119番通報 聴覚、発話障害により音声での緊急通報が不安な人に

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク