川崎区・幸区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

水谷川崎区長 地域連携で課題解決へ 川崎宿にぎわいへ新組織

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 昨年1年間を振り返り、水谷吉孝川崎区長は町内会・自治会の総会の書面決議や、老人会の会食からの配食への変更などに触れ、「何もできなかったようで、何ができるか考えてきた1年だった」と話す。

 中でも、地域づくりにおいて町内会・自治会活動は欠かせないとし、「このような状況でもコミュニケーションが取れるようメールやSNSなどの情報共有、意見交換の手立てを導入すれば、町内会等と行政との情報共有にも役立つ。ツール確保のお手伝いもできれば」と展望を語る。

 一方で、町内会・自治会の加入率低下を課題にあげ、「自主防災組織の活動や見守り活動など、安全安心のまちづくりに重要な役割を担っていただいている。活動を後押しする仕組みを検討していく必要がある」と話す。加えて、地域課題解決に向けて多様な組織や団体、町内会・自治会がそれぞれの強みを生かし協働で取り組める活動を広げることで、解決方法も広げていくという。

川崎宿起立400年へ地域資源生かし取り組む

 2023年には東海道川崎宿が起立400年を迎える。川崎区はかつて宿場町として栄え、旧東海道周辺を中心に今も市内の旅館営業施設の半数以上が立地。新しい宿泊施設の開設が進んでいる「現代の宿場町」であることに触れ、2年後に向けて「宿泊施設をはじめ、町内会や商業施設、市内外事業所、地域活動団体などと手を合わせて、東海道川崎宿という地域資源を活かした新たな取り組みを生み出していきたい」と水谷区長。海外を含め、市内外から多くの人が訪れ、宿泊し、交流できる場としてにぎわいのある街となるよう、1月には推進組織を立ち上げて取り組んでいくという。

支所、地域づくりの拠点へ

 機能再編が進められている大師・田島支所については、地域づくりの拠点を目指す上で「どんな場所になることが望ましいか、様々な機会に皆さんのご意見をお聞きしていきたい」と話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

大八木監督「原点は川崎」

2021年 箱根駅伝優勝校 駒澤大学

大八木監督「原点は川崎」 スポーツ

本紙対談企画 川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

2月26日号

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会

【Web限定記事】対談企画

2021年箱根駅伝 優勝校・駒澤大学 大八木監督「原点は川崎」川崎市役所陸上競技部の先輩・皆川氏と再会 スポーツ

駒澤大学陸上競技部・大八木弘明監督 × 川崎市陸上競技協会・皆川敏明理事長

2月26日号

機能別団員が入団

幸消防団

機能別団員が入団 社会

「後方支援に努めたい」

2月26日号

川崎・幸区から15人受賞

川崎・幸区から15人受賞 教育

青少年育成の功労者を表彰

2月26日号

3月14日、SDC(ソーシャルデザインセンター)活動報告

卒業前に「元気」を

【Web限定記事】 よみうりランド

卒業前に「元気」を 教育

 市立小6年、3日間貸切へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク