川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】JAセレサ川崎 市内産イチゴでフロンターレ応援 1(イチ)位を5(ゴ)回の語呂に合わせ

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
記念写真に納まる関係者(左からカブレラ、小泉さん、上原さん、ふろん太)。
記念写真に納まる関係者(左からカブレラ、小泉さん、上原さん、ふろん太)。

 JAセレサ川崎は2月15日、昨シーズン、リーグ優勝と天皇杯初優勝を果たし、通算で1(イチ)位を5(ゴ)回獲得したJ1・川崎フロンターレに、市内イチゴ農家が育てたイチゴ100パックを贈った。贈呈式は高津区末長にある同クラブ事務所で行われ、イチゴ生産者の上原脩太さん(多摩区菅稲田堤)と小泉博司さん(宮前区平)が公式マスコットのふろん太とカブレラにイチゴを手渡した。贈呈は、今シーズンの同クラブのさらなる飛躍を祈念して行われたもの。

 今回の取り組みの発起人である上原さんは「中学校からサッカーをやっていてずっとサッカーが好きだった。こういった形で一緒にコラボできてうれしい。チームや選手から市内産イチゴの魅力が広く知れ渡って欲しい」と希望を語った。市内におけるイチゴのビニールハウス栽培の第一人者である小泉さんは「今年のイチゴも例年通りおいしい。ぜひ楽しんでもらえれば」と話した。

 同クラブによると手渡されたイチゴは選手やチームスタッフに届けられるという。今後はリーグの開幕に合わせてJR武蔵小杉駅前にある同クラブ公式カフェ「FRO CAFE」で市内産イチゴを使ったコラボメニューの販売も予定している。

 フロンターレの担当者は「100パックも頂けたのはありがたい。今後も、いろんな農産物を周知するイベントを行って地域に貢献したい」と話す。

 市で育てられているイチゴの品種は「紅ほっぺ」と「よつぼし」が主力。どちらも味が濃く、実がしっかりしていることが特徴だ。市内では10の農家がハウス栽培を行っており、幸区では「しんぼりファーム」が取り組んでいる。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

古市場7年ぶりV

古市場7年ぶりV スポーツ

秋季ドッジボール大会

12月3日号

温暖化防止ポスター制作

温暖化防止ポスター制作 社会

川崎大師日曜教苑生ら

12月3日号

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう 文化

11日から 市ふれあい館で

12月3日号

薬物乱用の恐さ伝える

川崎東LC

薬物乱用の恐さ伝える 社会

新町小6年生児童に

12月3日号

脱炭素の模範18団体を表彰

川崎市

脱炭素の模範18団体を表彰 経済

最優秀は2団体

12月3日号

市長へ予算要望書提出

市長へ予算要望書提出 政治

川崎区市議団

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook