川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 幸区役所で3月7日に老朽化した消火器を回収 春の火災予防運動で

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 春の火災予防運動(3月1日から7日)にあわせ、幸防火協会(金井弘年会長)は老朽化した消火器の回収を3月7日(日)に幸区役所内広場で行う。時間は午前10時から正午まで。回収費用は1本1000円。

 一般的な消火器の耐用年数は8年から10年と言われている。消火器に傷、さび、変形、腐食などがあると、使用した時、破裂事故が起こる危険がある。

 同協会は「消火器は家庭ごみとして廃棄できませんので、この機会にお持ちください」と呼びかける。

 当日は協会会員の川崎市消防設備協同組合が消火器の新規販売も行う。価格は消火薬剤1.2kg入りが4500円、消火薬剤3kg入りが7000円。

 また当日持ち込めない場合は設備協同組合会員の高橋防災(【電話】044・511・1375)、幸防災(【電話】044・555・2728)、防災管理(【電話】044・522・2093)に連絡し、直接事業所に持ち込めば廃棄できる。

 問い合わせは幸防火協会事務局(幸消防署予防課予防係)【電話】044・511・0119まで。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook