川崎区・幸区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

【Web限定記事】ともいきアートサポート事業 studio FLAT 県立青少年センターに展示

文化

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
山内健資さん『NEW WORLD』
山内健資さん『NEW WORLD』

 神奈川県が「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念の実現に向けて、障害の程度や状態にかかわらず、誰でも文化芸術を鑑賞・創作・発表できる場として行っている「ともいきアートサポート事業」。この一環として幸区北加瀬で知的障害のある人たちのアート活動の支援を行うNPO法人studio FLAT(スタジオフラット/大平暁理事長)に所属するアーティストの作品が神奈川県立青少年センター・スタジオHIKARIの交流スペース(横浜市西区紅葉ケ丘9-1)で6月10日から8月15日まで展示される。

 展示作品は山内健資さんの『NEW WORLD』、竹葉聖也さんの『市バス』、小河原由紀子さんの『虹』など450mm×450mmの作品10点と、象徴展示としてF50号(1167mm×910mm)の作品1点を飾る。

 同企画は当初、昨年予定されていたが新型コロナウイルス感染症拡大を受け中止。今年再チャレンジで開催される。スタジオフラットの展示後、8月31日から12月5日までは平塚市のstudio COOCA(スタジオクーカ)、12月8日から2022年3月6日までは小田原市のアール・ド・ヴィーヴルに所属するアーティストの作品が展示される。

 大平理事長は「今回の展示は神奈川憲章のともに生きるがテーマとしてあります。障がいのある無しに関わらずアートを通じて色々な人がつながると嬉しいです。SDGs未来都市神奈川として、この展示をきっかけに地域社会のより密接な関係性を築いていければと思っています」とコメントした。

竹葉聖也さん『市バス』
竹葉聖也さん『市バス』
小河原由紀子さん『虹』
小河原由紀子さん『虹』

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook