川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

縁結びプロジェクト 塩作りキットで海に愛着 歴史や環境の学びに

教育

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
訪れた人に塩の説明をする田邊さん(右)、塩作りキット
訪れた人に塩の説明をする田邊さん(右)、塩作りキット

 川崎の海から作った塩を通して地域のつながりや愛着を育もうと進められている「縁結びプロジェクト」が7月17日に本格始動。江戸から明治時代まで川崎で行われていた塩作りの歴史や、環境への取り組みについて知ってもらおうと、児童らに「塩作りキット」を配布した。

 プロジェクトを進めるのは、産業振興会館内のカフェ「まんまmiyu」の田邊奈穂さんと岩篤志さん。東扇島で汲んだ海水をろ過して作った塩の素となる「かん水」を容器に入れてキットを作成。製塩の歴史やプロジェクトを通したSDGsへの取り組み、キットの使用法などをまとめたリーフレットも新たに作り、解説を交えながらキットと共に配布した。田邊さんは「続々とお越しいただいて驚いた。川崎の海や環境に興味を持っている方が多いことが実感できた」と話す。

 受け取った古谷瑠依さん(10)は「塩が好きなので作るのが楽しみ。おにぎりにして食べたい」と笑顔。孫と訪れた佐々木和美さん(74)は「子どものころに理科の実験で作った覚えがあった。孫にも体験してほしいと思って来た」という。息子の千駿(ちはや)さん(8)と訪れた鈴木智美さん(42)は「市外から数年前に越してきたので公害のイメージがあった。食用の塩ができるのは驚き」といい、「川崎市もSDGsに取り組んでいるので、息子の勉強になれば」と話した。

 今後は塩作り体験会などのワークショップを実施予定。地元企業とのコラボも模索中だ。

年表などを載せたリーフレット
年表などを載せたリーフレット

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook