川崎区・幸区版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

キッズチア「バンビーズ」 「世界3位」で国内大会へ 今月、優勝目指す

スポーツ

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
市長報告に訪れたバンビーズ
市長報告に訪れたバンビーズ

 幸区や中原区を拠点に活動するキッズチアリーディングチーム「バンビーズ」が、豪州で行われた世界大会で総合3位に輝き、8月3日に福田紀彦川崎市長を表敬訪問した。

 8月24日(火)、29日(日)には国内で行われる大会への出場も予定しており、日々練習に励んでいる。

 バンビーズは2003年に創部され、未就学児から中学3年生まで約80人が所属する。とどろきアリーナ(中原区)などを練習場とし、地域イベントへの出演や大会出場などの目的別にチームを編成し、日々汗を流す。

撮影動画で審査「同調性」勝因に

 世界大会はオーストラリアのチアリーディング協会が昨年11月に主催し、オンラインで行われた。事前に撮影した動画を提出する映像審査で、世界各国から290チームが参加。バンビーズは難易度別に分かれた2部門で、初出場にもかかわらず優勝。全出場チームの得点順でも総合3位に輝いた。

 コーチで代表を務める小田香さんは「映像で迫力を出すのは難しいので、演技がそろって見えることを意識した。同調性が伝わるよう呼吸まで揃えた」と勝因を話す。コロナ下で練習を再開できたのは昨年7月。人との距離を保つため組体操のようなスタンツ技の練習はできず、練習中もマスク着用で行った。「個人技の練習ばかりで、子どもたちはモチベーションを保つのも大変だったと思う」と小田代表。

 市長訪問当日は、メンバー19人が市長と歓談。福田市長は「世界の舞台で活躍されているのをうれしく思う」と激励した。今月出場を予定している国内大会に向けて、キャプテンの池田里衣さん(井田中=中原区=3年)は「一人ひとりが演技の中で役割を果たせるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

県華道展 18年ぶり市内で

県華道展 18年ぶり市内で 文化

23団体267点を展示

5月13日号

殿町で沖縄フェア

東急REI

殿町で沖縄フェア 社会

エイサー演舞など

5月13日号

地名の鍵は町中の墓

地名の鍵は町中の墓 社会

川崎区四谷上・下町

5月13日号

ロボットと再出発の旅へ

ロボットと再出発の旅へ 文化

劇団四季 18日に川崎公演

5月13日号

「命守る政策」で実績協調

「命守る政策」で実績協調 政治

参院議員・三浦氏が講演

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook